塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ - スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

あま市T様邸の外壁・屋根塗装工事が始まりました。足場と水洗いです。

こんにちは! あま市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   あま市T様邸の外壁・屋根塗装工事が始まりました~(^O^) 本日は足場工事と水洗いと現地調査の様子をご紹介します!   足場工事 足場を組み立ててから、塗料や汚れが飛散しないように飛散防止シートを貼ります。 足場工事中はかなり大きい金属音がなるため、大和創建では事前に近隣の方々へ必ず工事のお知らせを行っています。 ご近所付き合いがない方も増えていますが、弊社スタッフがきちんとご説明いたしますのでご安心くださいね(^O^)   ◇塗装工事中の注意点◇ 塗装工事は建物全体を囲うように足場を組み立てて、ご近所トラブルを防ぐために飛散防止シートを設置します。 足場は誰でも簡単に登れて、飛散防止シートがあるため足場に不審者がいても気が付かれにくくなります。 愛知県は空き巣被害が多いので、1階の戸締りだけでなく2階の戸締りも徹底するようにしてくださいね(^O^)   水洗い         足場を組み立て終わったら、高圧洗浄機を使って水洗いを行います。 上から下に洗い流すことで汚れをしっかりと洗い流すことができます。 しっかりと洗い流すことで、密着性が高まり仕上がりも耐久性もよい塗膜を形成することができます。   現地調査の様子 雨樋色褪せ 色褪せが発生するのは屋根や外壁だけではなく、雨樋などの付属箇所にも発生します。 紫外線のダメージを受け、塗膜が劣化して防水機能が低下しています。 鉄部は水や空気にさらされると、錆が発生してしまうためケレン作業後に錆止めを塗布してから塗装します。   軒天汚れ 経年により、軒天に汚れ・黒ずみが見られ美観を損ねています。 軒天は軒天には野地板などの下地が見えないように美観をよくする為と、延焼防止の効果があります。 軒天は、高圧洗浄で汚れを洗い流してから塗装します。     屋根色褪せ 屋根に色褪せが見られ劣化しています。 屋根は外壁と比べると、直射日光や雨風のダメージを直接受けたり、夏場になると表面温度が高温になるため劣化が早いです。 屋根の劣化症状は、普段目に留まらない分気が付きにくいので、10年周期でメンテナンスを行うと屋根材が長持ちします(^O^)   クラック・シーリング劣化 シーリングにひび割れ・痩せが見られます。また。シーリング周りの外壁にクラック(ひび割れ)も発生しています。 クラックは外壁材についた水分が蒸発し、収縮するため発生する場合と、建物へ揺れなどの力がかかって発生する場合があります。 シーリングにもひび割れや痩せが見られるため、シーリングの防水機能と揺れを抑制する機能が弱まっていると考えられます。 シーリングは打ち替え工事、クラックはシーリングで補修後に外壁塗装を行います。   ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月16日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市で変性シリコンでシーリング工事を行いました!

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   昨日、足場と水洗いをご紹介した清須市S様邸の外壁塗装工事が進んでいます~(^^)/ 本日はシーリング工事をご紹介します! 清須市S様邸ののブログ⇩ ★清須市S様 足場と水洗い★   シーリング工事 下地とシーリングの密着性を高めるために、まずシーリングプライマーを塗布します。 シーリングプライマーは密着性を高めることが主な役割ですが、下地からでるアクを抑える効果、シーリング材 から下地に成分が移るのを防ぐ役割もあります。 プライマーがいい加減に塗られいていると、どんなにいい機能をもったシーリング材でもきちんと機能することができません。   次にシーリングを打設します。 シーリングは少し多めに盛り上げるように充填していきます。シーリング材は2成分形変性シリコン系のスーパーⅡを使用しました(^O^) このシーリングは、硬化後に耐候性。耐久性・動的追従性に優れているバランスのよいシーリング材です。   次に専用のヘラでシーリングを押えます。 少し圧をかけてならしていくと、隙間や空気が抜け、密着性が高まります。仕上げ作業となるので、均一で滑らかな仕上がりになるよう整えます。   シーリング工事完了です(^O^)   クラック補修 外壁にクラックが発生しているため、シーリングで補修しました。 シーリング材は、適度な粘度があるためクラックの隙間に入り込み外壁からの雨漏りを防いでくれます。 充填しただけだと、密着性が十分ではないためヘラでならしたら完成です(^^)/   before after   次回は外壁塗装をご紹介します~(^O^)   ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月15日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

新型コロナウイルスの感染拡大防止への取り組みについて

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   新型コロナウイルスがまた各地で増えていますね(>_<) 今まで以上に一人一人が感染予防について考えなければいけない状況になりましたね。   個人個人が手洗い、うがい、3密回避、マスク等の対策を徹底していく事が重要ですね。   また、感染された方々の一日でも早い回復、コロナウイルスの終息を心から祈っております。   大和創建では引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大の防止策、感染リスクの低減策として 少しでもお客様にご安心して頂けるように、以下のような取り組みを行っております。     マスク着用の徹底  お客様にお会いする時、お客様のお宅で作業する時等、必ずマスクを着用しています。 こまめな手洗い・うがい  外出先からの帰社時等、手洗い・うがいを徹底しています。 検温と報告  従業員は体温を測定し、家族ともご迷惑ですけど、できる限り、外出を控えてもらい、随時、次の朝に外出したかの報告を徹底させております。 換気の徹底  3密を避ける為、事務所の換気をし、定期的に空気の入れ替えをしています。 消毒液の設置  ショールーム内に消毒液を設置しています。 アクリル板の設置 飛沫感染防止のため、お客様とのご相談スペースにアクリル板を設置しています。   少しでもお客様に安心して頂けるように、できる限りの事をさせて頂いています。       ★施工事例はこちら★                 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月14日 更新

スタッフブログ

清須市で外壁塗装工事が始まりました。足場と水洗いと施工前の様子。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   清須市S様邸の外壁塗装工事が始まりました~(^O^) 本日はS様邸の足場工事と水洗いと、現地調査の様子をご紹介します! ★清須市の施工事例はこちら★   工事の様子 まず最初に足場を組み立てます。 足場の主な役割は、作業効率の向上・作業員の安全性の確保の2点です。 足場を覆うようにかかっているシートは塗料飛散防止シートと呼ばれるシートで、汚れや塗料が飛散するのを防ぎます。   次に高圧洗浄機にて水洗いを行います。 外壁や屋根は外的要因により、だんだんホコリや砂、排気ガス汚れや黒ずみ、カビやコケが発生するようになります。 そのような状況で塗装工事をしても外壁と塗料が密着せず、汚れと塗料が密着してしまうため早期剥がれの原因になります。 丁寧にすみずみまで、高圧洗浄することで塗膜を長持ちさせることができます(^O^)   施工前の様子 シーリングひび割れ 経年によりシーリング材が劣化してひび割れが発生しています。 シーリングには建物に水が浸入しないようにする防水機能と、建物の揺れを吸収して外壁材がぶつかりあって割れることを防ぐ役割があります。 ひび割れを放置してしまうと、その部分から雨水が浸入して雨漏りの原因にもなるため、シーリングの打ち替え工事を行います。   チョーキング現象 塗膜がチョーキング現象(現象白亜化現象)が発生しています。 紫外線により、塗膜が分解されて塗料に含まれる顔料が表面に出てきてしまう劣化症状で、外壁に触れると白い粉が付着します。 チョーキングの粉を高圧洗浄で良く洗い流してから塗装作業に入ります。   樋バンド錆 樋を固定しているバンド部分が経年により錆が発生していました。 鉄部は水や空気にさらされると化学反応が起こり錆が発生してしまうため、ケレンして錆止めを塗布してから塗装を行います。   コケ 経年により塗膜の防水機能が薄れたり、日が当たりにくい北側はカビやコケが発生しやすいです。 高圧洗浄機で苔や汚れを丁寧に除去します。S様邸の苔は高圧洗浄機でしっかりと除去出来ましたが、苔が酷かったり、汚れが 目立つ場合は「薬品洗浄」(バイオ洗浄)というコケやカビを根こそぎ除去することができる洗浄方法を行います。 この方法は、薬品といっても植物由来の成分を使用しているため、安心で環境に優しいです。   今回はここまで(^O^) 次回はシーリング工事をご紹介します! ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月14日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

名古屋市のマンションで通路・階段長尺シート工事を行いました。

こんにちは! 名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   名古屋市中区のTオーナー様のマンションの通路・階段長尺シート工事が完工しました(^O^) 本日は、長尺シートについてと工事の様子をご紹介します~!! ★名古屋市の施工事例はこちら★ ★内装工事の施工事例はこちら★   長尺シートとは? 「長尺シート」は見た目も材質もほぼ「クッションフロア」と同じですが、「耐久性」が全然違います。 クッションフロアは耐久性があまりない代わりに価格が安く施工しやすい特徴があります。 それに対して長尺シートは、防水性はもちろん、耐薬性、防音性など機能性に優れているため、クッションフロアと比べると高額で施工しにくいです。 長尺シートは汚れに強く、耐久性に優れているため、土足で歩くマンションやアパートの廊下や階段などの共用部や人がよく歩く場所に使用されています。 また、表面が凸凹している床材のため滑りにくく、保育園や老人ホームなどでも取り入れられている床材です。 クッションフロアは表面が柔らかくできているため、素足で歩いても足腰に負担をかけない床材なので基本的に室内で使用されています、   通路・階段長尺シート工事 接着剤塗布   長尺シート貼り完了   ビフォーアフター     施工前は、経年により美観を損ねていましたがキレイな通路に蘇りましたね(^^♪ 防音性や耐久性に優れているため、安心ですね!   ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月13日 更新

施工中(内装工事)ブログスタッフブログ

冬でも外壁・屋根塗装工事はできる?メリット・デメリット

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   1月も中旬に入り、冷え込みが厳しい季節になりましたね! 冬になるとお客様から、「冬でも外壁・屋根塗装工事はできるの?」とよく聞かれるので質問にお答えします(^O^) 本日は、冬でも塗装工事が行えるのかとメリット・デメリットについてもご紹介します。   冬に外壁塗装はできる? 結論からいうと、冬でも外壁・屋根塗装工事ができます。 冬は、晴れの日が多く空気も乾燥しているため、塗料が乾きやすい傾向があります。 しかし、雪や霜などがついている状態で塗装工事をしてしまうと、ムラが出来たり塗料が垂れてしまうため施工できません。 塗装ができない気候条件としては、「湿度85%以上、気温5℃以下」とほとんどの塗料メーカーが定めています。 湿度85%以上だと、湿度が高く塗料の乾燥が長くなり作業効率が落ちたり、希釈材が蒸発せずに結露が発生して仕上がりが キレイにならないため塗装することはできません。 また、5℃以下で塗装できない理由は塗装しても乾燥、硬化しにくくなるため丈夫な塗膜を形成することができないからです。 逆にとらえると、気象条件をすべて満たしている日は塗装が可能と言えます(^O^)   冬に塗装するメリット・デメリット メリット ・気象条件を満たしている日が多い 愛知県の冬は晴れの日が多く、空気が乾燥しているため塗料が乾きやすく塗装工事を行える日が多いです。 また、朝晩の冷え込みは厳しいものの日中になれば6℃以上になるため、外壁塗装に適しています(^O^) しかし、降雪が続きやすい北海道や東北地方は冬の塗装工事は工期が延びてしまうため、塗装業者さんとよく相談してくださいね! ・予約が取りやすい 冬は、春や秋のリフォームシーズンと比べると人気がないシーズンのため比較的に予約が取りやすいです。 また、冬は長時間の換気をして過ごす方はあまりいないと思うため、窓が養生されてもストレスなく過ごせるかと思います。 窓の開け閉めが少ないと塗料のにおいが室内に入りにくいので、塗装工事中もストレスなしに過ごしたい方は、ぜひ冬の塗装工事を検討 してみて下さい(^^♪ デメリット ・工期が延びやすい 冬は四季の中で1番日照時間が短いため、どうしても作業時間が短縮してしまいます。 また、降雪があったり、気象条件が整わないとその日は工事を進めることができないため、工期は天候により左右されます。   ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月12日 更新

豆知識スタッフブログ

清須市でお風呂場塗装と点検口取り付け工事を行いました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   清須市M様邸の点検口取り付け工事とお風呂場塗装工事が完工しました(^O^) ★内装工事の施工事例はこちら★   まずはお風呂場塗装からご紹介します。 まずサンドペーパーでケレン作業を行います。 ケレンとは、塗装工事の際に重要になる下地処理の1つで古い塗膜を落として塗装面を整えます。 整えることでしっかりと下地に塗料が密着して、高耐久の塗膜を形成することができます。   下地を整え終えたら、塗装作業に入ります。 お風呂場塗装1回目です。塗料は日本ペイント(株)の「ケンエース」を使用しました。 この塗料は、防カビ・防藻効果がある塗料のため湿気の多いお風呂場にも適しています。 また落ち着いたツヤのある塗料で、汚れも付きにくいためツヤツヤのキレイなお風呂場を維持することができます(^O^)   お風呂場塗装2回目です。1回目と同じ塗料を2回塗りしたら、完成です。 ビフォーアフターはないのですが、ホワイトの清潔感のあるお風呂場に蘇りましたね(^^♪   点検口取り付け工事 点検口とは、天井裏や床下など見えないところにある配管の状態や、換気扇の点検をする際の入り口となる箇所です。 最近では、住宅診断(インスペクション)や耐震診断も点検口から行っているみたいです(^^)/   before   after M様ありがとうございました! 今後ともメンテンナンスして参りますので、よろしくお願い致します。   ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月11日 更新

施工中(内装工事)ブログスタッフブログ

🎍2022年新春初売りセール🎍本日、最終日です!!

こんにちは! 清須市、あま市、稲沢市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   お得なキャンペーンは本日まで! 皆様の日頃のご愛顧に感謝して、大和創建も新春初売りを開催中~\(^^)/ 初売特売は1月5日(水)から1月10日(月)まで行います(^O^) 本日最終日です!お問い合わせはお早めに~!!              新春の限定商品も通常よりとってもお値打ち価格となっています(*^-^*) ※限定商品なので、無くなり次第終了となりますのでご了承ください。 外壁塗装、屋根塗装をお考えの方は、是非このお得な機会にお問い合わせくださいね♪ 棟数限定のものもございますので、お早めにお申し込みください。       ※ショールーム来店につきましては、コロナ感染予防として完全予約制となっております。 ホームページまたは、お電話からお問い合わせください(^^)/ ★お問い合わせはこちら★ ★施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月10日 更新

スタッフブログイベント・キャンペーン情報

名古屋市でベランダの防水トップコート塗り替え工事を行いました。

こんにちは! 名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   名古屋市N様邸の防水トップコート工事が完工しました~(^O^) 本日は、防水トップコートの役割と、N様邸の工事の様子をご紹介します。 ★防水工事の施工事例はこちら★   防水トップコートの役割とは? 防水トップコートとは、防水層を保護するために上から塗る塗料のことです。 トップコートを塗ることで、防水層を雨風や紫外線などの外的要因から守り、劣化を抑制します。 防水層は紫外線に弱い素材なので、トップコートを塗布しないと早く劣化が進行してしまいます。 役割は2つあり、1つ目は紫外線から防水層を守る役割、2つ目は美観の維持です。 トップコートも経年や外的要因により劣化していくため、塗り替えを行わないと防水層が劣化して雨漏りの原因になる可能性があります。 5年毎や色褪せが見られた場合、塗り替えを行うと防水機能を維持することができ、美観も維持することができます。 トップコートはグレーやグリーンなど色がついているため、お好みで色で仕上げることが可能です~(^O^)   防水トップコート工事 まず最初に、掃き掃除で細かいゴミやほこりを除去します。 ホコリやゴミなどの不純物の上から塗装してしまうと剥がれや早期劣化の原因になるためしっかり除去します。   次にクラック(ひび割れ)が見られたため、シーリングで補修します。 ひび割れした箇所をしっかりと補修することで、防水機能も高まり雨漏りのリスクを減らすことができます。 左が施工前で右が施工後です。ひび割れ部分に隙間もなくしっかりと密着していますね!       防水塗装下塗りです、下塗りにはプライマーを塗布します。プライマーには密着性を高める効果があります。   最後に防水トップコートを塗布したら、トップコートの塗り替え工事完了です(^^)/   before       after     経年により全体的に色が褪せていましたが、ピカピカのベランダに蘇りましたね(^O^) N様ありがとうございました。今後ともメンテンナンスして参りますので、よろしくお願い致します。   ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月09日 更新

施工中(防水)ブログスタッフブログ