塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ - スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

あま市K様邸のベランダのトップコートの塗り替えを行いました!

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   あま市でベランダのトップコート塗り替え工事が完工しました(^^)/ トップコートは5年毎に塗り替えると、防水機能が維持できると言われています! 今回は、あま市K様邸のトップコートの塗り替え工事の様子をご紹介します~!   まず最初に掃除をします。 ベランダには小さいほこりや砂が溜まりやすいのでしっかり除去します。   床にクラック(ひび割れ)が見られたためシーリングでクラック補修します。 クラック補修が終わったら、下地処理完了です(^^)/   防水塗装下塗りです。 プライマーを塗布します。 プライマーを塗ることで、トップコートと防水層の密着性が高まります!       トップコートを2回塗ったら完成です(^O^) 株式会社ダイフレックスのエクセレントトップというトップコートを使用しました!   ベランダの表面には防水層を保護するためにトップコート(防水材)が塗られています。 よくベランダで目にする、グレーや緑の床は防水層の色ではなくトップコートの色なんです! 外壁と同様にベランダも、紫外線や雨風の影響を受けるため経年により劣化していきます。 劣化を放置してしまうと、防水層や下地の劣化が進行してしまい雨漏りの原因になる可能性があります。 防水層が痛む前に定期的にトップコートの塗り替えを行うことをオススメします(^^♪   ★清須市の施工事例はこちら★ ★あま市の施工事例はこちら★ ★防水工事の施工事例はこちら★   外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月17日 更新

施工中(防水)ブログスタッフブログ

清須市で付属塗装工事と屋上防水トップコートを行いました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   本日は、清須市S様邸の付属塗装工事の様子をご紹介します♪ ↓前回までの様子はこちらから↓ ★清須市S様邸 足場工事★ ★清須市S様邸 シーリング工事★ ★清須市S様邸 外壁塗装工事★ ★清須市S様邸 軒天塗装工事★   まずは、シャッターボックスと土台水切り板金の塗装からです。   ケレン サンドペーパーで古くなった塗膜を除去し、また、あえて細かな傷を付けて塗料との密着を高めます。     錆止め 2液エポキシ樹脂系の錆止めを使用しました。 錆止めを塗布することで、新たな錆の発生を抑えます。     塗装1回目 外壁のグレードに合わせて、フッ素塗料のセラMフッ素を使用しました。     塗装2回目 2回塗りして完成です。     施工前   施工中   施工後     次は雨樋です。 ケレン     錆止め 樋バンド部分は金属なので、2液エポキシ樹脂系の錆止めを使用しました。   塗装1回目                  塗装2回目       施工前                     施工後       最後に屋上の防水トップコートを塗装させて頂きました。   施工前                     施工後   これでS様邸完工です(^^)/ ありがとうございましたm(__)m     ★清須市の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月16日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

外壁塗装中は被害に遭いやすい?防犯対策について

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。     外壁塗装中は、空き巣などの被害に遭いやすいと言われています。 なぜかと言いますと、まず外壁塗装中は足場をかけるので、その足場を使って 家の中に入りやすくなるからです。 また養生シートでまわりからも見えにくくなるので、空き巣が潜んでいても気づきにくいからです。 空き巣以外にも足場からベランダに登って、家の中を盗撮するなどの被害もあります。 施工業者に紛れて泥棒が出入りしていたなんて事もあるので注意が必要です。   空き巣などの被害に遭わないために、外壁塗装中にするべき防犯対策は? ・カーテンを閉める カーテンが開いていると、家の様子が分かりやすくなり、狙われやすくなります。 また作業している職人も、家の中が見えるとやりづらくなってしまいますので、 カーテンを閉めておくのをオススメします。   ・全部の鍵を閉める 外壁塗装中は、2階の窓も全部鍵を閉めるようにしましょう。 足場を使って2階に登れてしまうので、窓が開いていたら簡単に中に入れてしまいます。 日中で天気が良くても窓を閉め、鍵も閉めておきましょう。   ・防犯機器を設置する 防犯カメラやセンサーライトなど防犯機器を設置すると、泥棒も入りにくくなります。 防犯意識が高い家だと思わせるようにしましょう。     これから外壁塗装を行う方は、これらの点に注意してみてくださいね!     ★外壁塗装の施工事例はこちら★   外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月15日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁塗装の塗装方法の一つのローラー塗装!メリット・デメリットとは?

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   外壁・屋根の塗装方法はいくつか種類があることをご存知でしょうか? 建物の形状や、現場の環境に応じて3種類の塗装方法の長所を生かしながら工具を使い分けています。 塗装方法は「ローラー塗装」「刷毛塗装」「吹き付け塗装」の3種類あります。 今回は「ローラー塗装」について詳しくご紹介します~(^^)/     最も外壁塗装で主流のローラー塗装 毛やスポンジに塗料を含ませて塗装していく方法です。 ローラー塗装は道具を使って直接塗っていくので、「手塗り」とも呼ばれています。 メリット ・均等に塗れるため塗りムラができにくい ・塗料の飛び散りが少なく、塗料の無駄を出しにくい ・面積が広い箇所でも比較的早く塗装できる ・塗料を厚く塗れる   吹き付け塗装の時のような機械を使用しない塗装方法なので、騒音の心配がありません! 塗膜は厚みがある仕上がりになるため、吹き付け塗装と比べると耐久性が高いです。 広範囲を塗装する場合はローラー塗装が一番優れています♪ デメリット ・ローラーが入らない細かい場所は塗装できない ・雨戸など形状が複雑な場所の塗装には不向き ・吹き付け塗装と比べると作業時間がかかる   ローラーの種類   羊毛ローラー 羊毛ローラーはウールローラーとも呼ばれています。 羊のようなもこもこの見た目をしていますよね(^O^) 最近では、本物の羊毛を使用していることは少なく、ポリエステルなどの繊維で作られています。 羊毛ローラーは、均一に塗装ができやすいと言われています。   砂骨ローラー 粗めなスポンジのような見た目の砂骨ローラーは、複数の穴が空いているので塗料を一度にたくさん吸い上げることが出来ます。 塗膜を厚くしたいときや、粘度が高い塗料を塗るときによく使用されます。     次回は、刷毛塗装のメリット・デメリットについてご紹介します~!   ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月14日 更新

豆知識スタッフブログ

清須市で外壁塗装と一緒に軒天の塗装をしました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   本日は、清須市S様邸の軒天塗装工事の様子をご紹介します♪ ↓前回までの様子はこちらから↓ ★清須市S様邸 足場工事★ ★清須市S様邸 シーリング工事★ ★清須市S様邸 外壁塗装工事★   軒天とは? 外壁から外側に伸びている屋根の裏側の天井のことです。 軒裏や軒天井、上げ裏などとも呼ばれます。 軒天も紫外線等の影響で劣化しますので、外壁塗装のタイミングで一緒に塗装します。   下塗り 外壁塗装の下塗りと一緒に塗装しています。     中塗り 外壁と色を合わせてベージュで塗装しました。   上塗り 2回塗り重ねて塗膜を形成します。   BEFORE   AFTER   軒天は、屋根の1番下に位置しているため、屋根の雨漏りの症状が出やすい箇所になります。 軒天が湿っていたり、シミが見られる場合は、雨漏りの可能性がありますので、 しっかりと業者にみてもらってくださいね!   大和創建ではお客様のライフプランに合わせたご提案をさせて頂きますので、 お気軽にお問合せください~(^^)/     ★清須市の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月13日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

岐阜県加茂郡で木部塗装工事を行いました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。     先日紹介した岐阜県加茂郡A様邸の付属塗装をご紹介しますね!   まずは、破風です。 破風とは、屋根の側面についている板のことです。雨樋が付いていない面の事を言います。 破風の材質は、木質系、金属系、窯業系の3つがあります。 A様邸の破風は、木質系です。防水性がありませんので、塗装で保護します。   ケレン サンドペーパーで目荒らしをします。   破風塗装1回目   破風塗装2回目 2回塗りして塗膜を形成します。     BEFORE                  AFTER   苔やビスの浮きがありましたが、キレイになりましたね!     柱部分も同じように塗装します。 ケレン   塗装1回目   塗装2回目   BEFORE               AFTER   ちょっと分かりにくいですが、色褪せていたのがキレイになりましたね! 防水機能も復活しました(^^)     大和創建では、清須市、あま市、津島市、稲沢市、一宮市、北名古屋市、名古屋市等が 主に対応エリアですが、岐阜県の一部地域も対応しています♪ 対応可能かどうかはお問合せくださいね~(^^)/     ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★岐阜県の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月12日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

岐阜県加茂郡で外壁塗装工事をさせて頂きました!

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   土曜日ですね! 大和創建では、今日も元気に営業しております~! お仕事の方、一緒に頑張りましょう(^^)/     さて、本日は、岐阜県加茂郡のA様邸の現場をご紹介します~♬ 今回、ご縁があり外壁塗装工事をさせて頂きました!   足場と水洗いの写真がないのですが、、、(>_<)   養生 サッシまわりなどの塗らないところに塗料がつかないように、ビニールとマスキングテープを 貼って養生します。   下塗り 下地に適した下塗り材(シーラー)を使います。     中塗り 下塗りを乾燥後、中塗りを行います。 シリコン塗料のRSシルバーグロスSiを使用しました。     上塗り 3回塗りの為、中塗りと同じ塗料で上塗りを行います。       ホワイトで明るい印象になりました(^^)/   次は、付属塗装の様子をご紹介しますね~!   大和創建では、清須市、あま市、津島市、稲沢市、一宮市、北名古屋市、名古屋市等が 主に対応エリアですが、岐阜県の一部地域も対応しています♪ お問合せください~(^^)/     ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★岐阜県の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月11日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市でフッ素塗料でベージュに外壁の塗り替えを行いました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。     以前よりご紹介しておりました清須市S様邸の外壁塗装工事が進んでいます~(*^-^*) ↓前回までの様子はこちらから↓ ★清須市S様邸 足場工事★ ★清須市S様邸 シーリング工事★   S様邸は大手ハウスメーカーで建てられたお家でしたので、劣化は見られましたが、 築年数の割にはパッと見はキレイな状態でした。さすが大手ハウスメーカーですね。   前回は、シーリング工事まで終わっていましたので、今回は、外壁の塗装に入っていきます。   まずは、下塗りです。 下塗りには、セミフロンフィラーEPOを使用しました。   中塗りです。 S様にはフッ素塗料をお選び頂きましたので、KFケミカルのセミフロンマイルドⅡを使用しました。   最後に上塗りです。 3回塗りすると言って2回塗りしかしない手抜き工事をする業者もいますので、 お客様に少しでも安心して頂けるように、3回塗りしているのが、一目でわかるように、 同系色で色を変えて塗装しています。       完成です(^^)/ 周囲とも調和しやすく、汚れやホコリが目立ちにくいベージュに変身しました(*^-^*) とても人気のあるお色です♪   次は、軒天の様子をご紹介していきますね~(^^)/   ★清須市の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月10日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

忘れがちな工場の屋根塗装!よく使われる屋根材の種類と特徴について

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   お家のメンテナンスを検討する方は多いと思いますが、工場や倉庫のメンテナンスも必要です。 工場などの大型施設は、修理や塗装を怠ると大きな被害が発生する可能性があります。 雨漏りによる機械のショートや、雨漏りにより高額なリフォームが必要になることがあるため、お家と同様に定期的な メンテナンスが大切になります。 今回は工場や倉庫によく使用される屋根材の特徴などについてご紹介します(^^)/   工場でよく使用される屋根材と特徴 ①折半屋根 折半屋根は、薄い鋼板を折り曲げて耐久性を高めた金属屋根材です。 安価で、強度が高く、金属性の屋根材なので耐火性もあるのが特徴です! 体育館や大型の工場や施設などでは折半屋根を使用していることが多いです。   ②波型スレート屋根 波型スレート屋根は、波のように曲がった形状をしています。 雨音が響きやすい金属屋根と比較すると音が反響しにくく遮音性に優れているのが特徴です。 また耐火性にも優れているため、工場などの火災の恐れのある建物によく使用されています。   工場の屋根の塗装する時期 8年から7年に1度、屋根塗装を行うことをオススメします! 特に折半屋根は錆が発生しやすい金属で出来ています。 錆が発生したままにしてしまうと、錆が進行して腐食して屋根に穴が空いてしまう可能性があります。 屋根を長持ちさせるためにも、塗装工事で防水性と防錆性を高める必要があります! 工場の屋根には、遮熱塗料や断熱塗料などの機能性塗料を塗ることをオススメします。 遮熱などの機能性塗料を塗布すると、冷暖房の節約にも繋がり、快適な温度を保つことができます!   忘れがちな工場の屋根のメンテナンス まずは、屋根の現状を知るために点検を依頼することをオススメします! 大和創建では、点検やお見積り無料ですのでお気軽にお問い合わせください(^^)/   ★清須市の施工事例はこちら★ ★屋根塗装の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年05月09日 更新

豆知識スタッフブログ