塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ - スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

外壁塗装で起こりうるトラブルと予防法!施工不良、手抜き工事編

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   台風が近づいていますね(>_<) 東海地方は直撃ではないですが、雨や風に気を付けてくださいね~!   本日は、外壁塗装で起こりうるトラブルと予防法ついてご紹介しますね!   色ムラや塗膜の剥がれが見られた 外壁塗装工事は、完成品を見て購入できる商品ではないため、施工の品質に関するトラブルは少なくありません。 塗り替えから1年も経たないうちに塗膜が剥がれたり、色ムラ等が見られた場合はほぼ施工不良によるものです。 手抜き工事の可能性もあります! 3回塗りをせず、2回塗りで済ませたり、下地処理をきちんと行わなかったりなどが考えられます。 (外壁の素材や塗料によっては塗装回数が2回塗りの場合もあります。)   こうなってしまう前の予防法は?   工期や工程を確認する 外壁塗装は足場や養生などを含めて通常、2週間ほどかかります。工期があまりにも短い場合には手抜き工事を疑いましょう。 また、下地処理はどのように行われるか、塗装回数は何回かなどを確認しておきましょう! (住宅の大きさや塗装箇所によって工期や工程内容は変わってきます)   保証書を作成してもらう 優良な外壁塗装業者であれば施工不良はほとんど起こりませんが、万が一起こった場合に業者の費用負担で補修をしてもらう為に 工事に関する保証書を発行してもらいましょう。 保証内容は業者ごとに異なるため、メーカー保証はあるか?何年保証か?等、確認しておきましょう。 大和創建では自社保証+メーカー保証のW保証をお付けしています(^^)/   工程毎に写真をお願いする ご自身の目で確認するのが1番ですが、お仕事などで忙しく、毎日、工事の様子を確認できない場合が多いと思います。 そのような場合には、工程毎に写真をお願いし報告してもらいましょう。 大和創建では、分かりやすいように各工程毎の写真を施工写真帳にしてお渡ししています。     万が一、施工不良かも?と思ったら、施工業者に連絡しましょう~! 保証の範囲内で対応してくれます。保証がなかった場合でも、優良業者はすぐに対応してくれます。 悪質な業者は、保証の範囲外とか、自分達の責任ではないとか何かと理由を付けて逃げようとします。 そのような場合は専門機関に相談してくださいね(>_<)     いかがでしたか?外壁塗装を考えている皆さんの参考になれば嬉しいです♪ 他のトラブルや注意点やトラブルもまた紹介しますね~!     ★外壁塗装のトラブル 色選び編はこちら★ ★清須市の施工事例はこちら★             外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年10月10日 更新

豆知識スタッフブログ

名古屋市東区にてR部分壁をフッ素で塗装を行いました。

こんにちは!名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。 先日ブログでご紹介した名古屋市D保育園のR部分壁の塗装が完了しました(^^)/ 手すりをフッ素塗料したので、今回はサービスで塗装させて頂きました!   ★前回の手摺塗装はこちら★ ★前回の防水工事はこちら★   こちらが施工前です。 色が褪せてしまっていますね。            下塗りです。 今回はセミフロンフィラーを使用しました。 下塗りが不十分だと塗装がすぐ剥がれる原因になるのでしっかり丁寧に塗ります。               中塗り、上塗りの二度塗りをすることで、均一な塗装に仕上がります。 二度塗りをすることで塗装の持ちもよくなります。       じ     こちらが施工後です! 今回は、KFケミカルのセミフロンマイルドⅡを使用させて頂きました。 この塗料は耐候性に優れた4フッ化フッ素樹脂を使用した高耐候性の2液弱溶剤形フッ素樹脂塗装です。 耐汚染性に優れているので、きれいな状態を長く保つことができます。 また、ヒビ割れがしにくいという効果もあります。 ★名古屋市の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社大和創建にお任せください!!詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック一覧 2020年10月09日 更新

施工中ブログスタッフブログ

名古屋市東区にて屋上の防水塗装工事をウレタン通気緩衝工法で行いました。

こんにちは! 名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   先日ブログでご紹介した名古屋市D保育園の屋上防水工事が完成しました(^^)/ ★前回の手摺塗装はこちら★   施工前です。 真っ黒に黒ずんでいますね。 コンクリートの表面は細かい目がたくさんあり、そこに埃が詰まり雨などの湿気でどんどん堆積していきます。       ノロ打ちです。ノロ引きとも言います。 下地が荒れている場合や、新旧防水層の相性によっては下地調整をします。 カチオン樹脂モルタルを使用しました。       プライマーを塗布します。 防水塗膜との密着をよくする役割があります。       クラック補修です。 コーキングで補修しました。      改修用ドレンを設置しました。排水溝のことです。       自着シートを隙間や膨れがないように貼っていきます。 シートとシートのつなぎ目にはジョイントテープを使ってしっかりと貼り合わせます。 次に脱気筒と呼ばれる、水蒸気を外に排出する役割の筒を設置します。 蒸気は上にのぼるので勾配の上の方に設置します。 3箇所設置致しました!     防水塗装1層目です。 ㈱ダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用しました。     防水塗装2層目です。塗り重ねて塗膜を形成します。   最後にトップコートを塗ったら完成です(^^)/ ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、トップコートを塗らないと劣化してしまいます。     今回は屋上の防水という事でしたので、ウレタン通気緩衝工法で施工致しました。 屋上などの面積の広い箇所や、築年数が経過した建物、すでに雨漏りがしている場合には、 通気緩衝工法がオススメです!           ★名古屋市の施工事例はこちら★ ★防水塗装工事の施工事例はこちら★               外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年10月08日 更新

施工中ブログスタッフブログ

防水工事の下塗りの役割について

こんにちは!清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今週は天気が悪く気温もぐんと下がりましたね:;(∩´﹏`∩);: 季節の変わり目なのでお体にはお気を付けください!     今日は、防水工事の「プライマー」についてご説明します!       プライマーとは、防水の1工程目の「下塗り」という作業です。 プライマーは分かりやすく言うと、下塗り用の接着剤のようなものです。 上塗りするものとの接着効果を高める役割があります! プライマーは仕上がりを綺麗にするだけでなく、劣化を遅らせる効果もあります。 プライマー塗装を行うことで、塗装の持ちもよくなります。 塗装した状況を長く綺麗にキープするためにも、プライマーを塗布することは重要なんです! 綺麗に丈夫にキープする役割のプライマー 防水工事をお考えの方は是非覚えておいてくださいね♪     お見積り、ご相談は無料ですので、何か気になること、気になる箇所がありましたらお気軽にお問い合わせください!       ★防水工事の施工事例はこちら★ ★清須市の施工事例はこちら★       外壁塗装・屋根塗装なら弊社大和創建にお任せください!!詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年10月08日 更新

豆知識スタッフブログ

清須市で防音型の高圧洗浄機で外壁の水洗いを行いました!

こんにちは!清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。 先日から、ブログでご紹介している清須市Y様邸の水洗いが完工しました(^^)/   ★足場の写真はこちら★ ★シーリングの写真はこちら★   水洗い作業の様子です。       外壁の汚れや苔などを水洗いする事により、外壁の凸凹がなくなるので塗料の密着を高める効果があります!             コンクリート部分の水洗いも行いました! 経年により汚れ、黒ずみ、樋からの雨跡、タイヤ痕などが発生してきます。 外壁や屋根と同様にコンクリート部分も雨風の影響を受けるので定期的な洗浄が必要ですね!               こちらが水洗い完了後の様子です! 黒ずみや汚れがなくなり、ピカピカになりましたね(^O^)          大和創建ではご近所の方のご迷惑にならないように防音型の高圧洗浄機を使用しています(^^)/ 節水型のバケツで、お水が無駄にならないよう工夫しています♪       ★清須市の施工事例はこちら★   外壁塗装・屋根塗装なら弊社大和創建にお任せください!!詳しい詳細は、 外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年10月08日 更新

施工中ブログスタッフブログ

こんな症状はありませんか?外壁劣化のチェックポイント!

こんにちは! 外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日は外壁劣化のセルフチェックについてご紹介します! 一般的に10年を目安にメンテナンスをするといいと言われています。   こんな症状が見られたら、塗り替えをオススメします(^^)/   ①外壁の色褪せ、汚れの付着 劣化度★☆☆ 劣化の始まっているサイン! 色褪せのせいで、汚れが目立ちやすくなってしまいます(>_<)                                                                              ②チョーキング現象 劣化度★★☆ 手で触ると白い粉が付く場合は注意が必要です。 防水機能が低下しているサインなんです。 さらに劣化が進む原因にもなってしまいます。       ③シーリングの劣化、外壁のひび割れ 劣化度★★★ シーリングの厚みがなくなったり、ひび割れがあると雨や汚れが家の中に侵入してくることがあります。 また、「構造クラック」という幅が0.3㎜を超える外壁のひび割れは、建物の強度にも影響を及ぼす危険性があります。 また、雨水が浸透することでカビの発生の原因になります。            このような症状が1つでも当てはまる場合は、ぜひ大和創建にお問い合わせくださいね! 大和創建では、屋根、外壁の無料診断をさせて頂いていますので、気になる事や箇所がありましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)/   外壁塗装・屋根塗装なら弊社大和創建にお任せください!!詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック     2020年10月08日 更新

豆知識スタッフブログ

清須市で劣化していたシーリングをオートンイクシードで打ち替えしました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   先日、ブログでご紹介しました清須市Y様邸のシーリング工事が完了しました~(*´▽`*) シーリングとは、サイディングボードとサイディングボードとのつなぎ目の目地に入っています。 コーキングとも呼ばれています。 サイディングボードの目地にシーリング材が入っていないと、隙間から雨水が入って外壁の内部を傷め、 雨漏りに繋がってしまいます(>_<) ゴムのような弾力を持つシーリング材はクッションの役割も果たしてくれるので、地震などの 自然現象に伴う建物の揺れを緩和する役割を担っています。   施工前の様子です。 ひび割れが見られ劣化しています。 築10年程経過するとシーリングが劣化してきますので、打ち替えが必要です。     耐久性の高いオートンイクシードを使用しました! ★オートンイクシードについて詳しくはこちら★ 大和創建はオートンイクシード認定施工店です(^^)/     既存のシーリングを撤去してから打ち替えします。     プライマーを塗布し、密着を良くします。     シーリングを打設します。     ヘラで押さえ、均一にします。     シーリング完成です(^^)/   次は塗装に入っていきますので、また紹介させて頂きますね(*´▽`*)       ★清須市の施工事例はこちら★             外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年10月08日 更新

施工中ブログスタッフブログ

名古屋市東区にて屋上の手摺の塗装工事を行いました。

こんにちは! 名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   名古屋市D保育園の塗装工事が始まっています~(^^)/ まずは、鉄部の塗装からご紹介します♪   屋上部分の手摺です。 施工前です。 錆が発生していますね! 鉄部は水や空気に晒されると錆が発生します(>_<) 錆を放置しておくと、どんどん広がってしまいます。     ケレン ケレン作業で錆を落としていきます。 細かな傷を付けて塗料との密着をよくする効果もあります。     錆止め エポキシ樹脂系の錆止め塗料を塗布します。 関西ペイントのRSバリアを使用しました。     中塗り フッ素塗料のKFケミカルのセミフロンマイルドⅡを使用しました。     上塗り 中塗りと同じ塗料をもう一度塗り重ねます。 全部で3回塗りします。     BEFORE   AFTER いかがですか??? 錆や色褪せが見られた手摺がピカピカに生まれ変わりました~♬   手摺の下に写っている屋上の床も防水工事をさせて頂きますので、 そちらもまたご紹介させて頂くのでお楽しみに~(*´▽`*)       ★名古屋市の施工事例はこちら★             外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年10月07日 更新

施工中ブログスタッフブログ

外壁塗装で起こりうるトラブルと予防法!色選び編

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今週は急に秋めいた気温になってきましたね! 外壁塗装の秋という事で(*´▽`*) 本日は、外壁塗装で起こりうるトラブルと予防法ついてご紹介しますね!     希望の色と違う 塗装してみたら希望の色と違った(*_*; なんて事もたまに聞きますね。 自分がイメージしていた外観じゃなかったり、想像していたより明るかったという事があります。 この場合は、選んだ色番号が間違っていない場合は、基本的に塗り直しは出来ません(>_<) では、どうしたらいいか?   こうなってしまう前の予防法を紹介します(^^)/ ・塗り板を作ってもらう 小さな色見本を確認しただけでは、実際に塗装したときの色が思っていたものと異なる場合があります。 塗料は外壁などの広範囲に塗装すると、色が明るく見える傾向があります。 その色の大きさにより明度・彩度が変わって見えてしまう特性があるからです。 A4サイズの塗り板を希望の色で作ってもらい、東西南北、太陽光の下などで見てみましょう。   ・カラーシュミレーションをお願いする 特に今までとはガラっと色を変えて塗装する場合や、ツートーンカラーで塗装する時などに オススメです。パソコンを使ってお客様のお家でカラーシュミレーションが可能です。 各部位との色の組み合わせや、暖色系と寒色系とのイメージを見比べたり検討出来ます。   ・業者に相談する 外壁塗装のプロ、業者に相談するのもひとつの手ですね。 「この色が希望だけど、色見本の通りにしてもいいのか」や「実際はもう少し暗めの色を選ぶべきか」 等を尋ねてみてください。 何十件も見てきているので適切なアドバスがもらえると思います。     参考になりましたか? 弊社でもカラーシュミレーションは無料にて作成させて頂いていますので、 一緒に納得のいく色選びをしていきましょう~♬   他のトラブルや注意点もまたご紹介しますね~!     ★清須市の施工事例はこちら★             外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年10月06日 更新

豆知識スタッフブログ