塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ - スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

外壁塗装、屋根塗装!トラブルにならない為の注意点!

こんにちは! 外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。 さて、塗装の見積もりをとる際に、最近では相見積もりが当たり前になってきましたね! そこで、今日は、見積もりの際に注意する点をお話したいと思います!   塗装業界は悪徳業者の話も耳にします(>_<) トラブルにならない為にも見積書をチェックしてみてください♪     ・塗装箇所全てが見積書に記載されているか? 記載がない場所は、塗装されずにトラブルになってしまう場合もあります。 例えば、雨樋や破風、バルコニーや門、塀などです。 後で追加工事になってしまう恐れもありますので、必ず確認してくださいね!   ・足場代の項目があるか 足場代を無料にすると言って、他の塗装代にその分上乗せする業者もいます。 項目を曖昧にするところは信用できないので注意してください。 何にいくらかかってるのかきちんと提示してもらいましょう!   ・塗料の種類と塗る回数が記載されているか 塗料のメーカー名と塗料名と何回塗りで塗装するのかを確認してください。 3回塗りと言って1回や2回しか塗らない業者もいるので注意してくださいね。 契約後には塗料の色番を控えておくと安心です。   ・全額前払いは要注意 一般的には、着工金、完工金と2回払いか、または中間金を含めた3回払いだと思いますが 全額前払いでお支払い頂ければ割引します等と言う業者には注意してください。 悲しいですが工事前に全額支払って連絡がとれなくなったというケースもあるそうです。   大和創建では、見積書には塗装箇所、塗料名、メーカー名を記載しております。 また3回塗りで分かりやすいように全て色を変えて塗装させて頂いています。 ★大和創建のこだわり★ ↑こちらに詳しく書いてありますのでご覧くださいね!   ★施工事例はこちら★   外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年06月09日 更新

豆知識スタッフブログ

バルコニーやベランダにオススメ!FRP防水について!

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日も防水工事についてをお話させていただきますね! 防水工事について①現地調査と劣化症状 防水工事について②ウレタン防水 防水工事について③ウレタン防水の工法 ↑前回までのブログはこちら★   塗る防水(塗膜防水)のFRP防水についてです(^^)/   そもそもFRPとは? FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材) で補強されたプラスチックという意味です。 FRPは身近なものだと車のボンネットや浴槽などにも使われています。   FRP防水はFRPの特徴を活かし、防水分野に取り入れることで強靭な防水層を形成することが可能です。     ◇FRP防水のメリット まずは、軽量な事です。FRPはプラスチックと同様に非常に軽い性質を持ちます。 住宅に負担がかからないので、築年数の古いお家や住宅でも使用出来ます。 高耐久なFRP防水は、摩耗性・耐候性・耐久性に優れています。 硬化が早いので、ウレタン防水だと4,5日かかるのが、FRP防水はバルコニーやベランダの施工は1~2日で終わります。     ◇FRP防水のデメリット FRP防水は強靭な防水層を形成する反面、伸び縮みしにくいことからFRPにひび割れが生じやすい傾向があります。 FRPはプラスチックですので紫外線に弱いです。トップコートでの表面保護が必要になります。 費用が他の防水方法に比べて高いです。     ◇ウレタン防水とFRP防水の違い どちらも塗膜防水です。 ウレタン防水は、ウレタン樹脂を塗り重ねて防水層を形成する防水工法です。 弾力のある防水層で、屋上・陸屋根などの広面積への施工も可能ですが、摩耗性・耐久性はFRP防水に劣ります。   FRP防水は、ポリエステル樹脂の上にガラス繊維で出来たマットを敷き再度、樹脂を塗布し固めます。 このガラスマットが1枚で防水層を形成する「1プライ」と2層形成する「2プライ」工法があります。 FRPは硬くウレタン塗膜防水ほど伸縮性には優れていません。バルコニーやベランダと言った狭小面積への施工が多いです。   どちらの工法も塗膜のため多少の凹凸があっても施工可能です。 仕上がりも継ぎ目がなくとても綺麗です。 またどちらも紫外線で劣化してしまうため、防水層を形成した後にトップコートを塗布する必要があります。       ★防水工事の施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年06月03日 更新

豆知識スタッフブログ

防水工事の種類!ウレタン防水の工法について!

こんにちは! 外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日は前回ブログでお話していた防水工事についてです! 防水工事について① 防水工事について②   塗る防水(塗膜防水)のウレタン防水についての続きです。 ウレタン防水は、通気緩衝工法、密着工法があります。     通気緩衝工法 膨れの原因となる水分を脱気装置で排出する工法です。雨水対策を徹底したい場合に適しています。 下地の影響を受けないため、ひび割れなどが発生していても施工可能という利点があります。 初期費用は密着工法と比べて高くなりますが、雨漏りなど水分を含んだ下地に最も効果的な工法です。 下地に専用の接着剤を塗布し、通気緩衝シートを設置し、メッシュと脱気塔を設置し、ウレタン防水を2層作り、トップコートで仕上げます。 水分を多く含んでいる可能性が高い築年数が古い建物や、ルーフバルコニー、陸屋根、マンションの屋上など面積が広い箇所におすすめといえます。       密着工法 密着工法とは狭小部位や既存下地がウレタン防水の場合に使用する工法です。 軽量なため、建物への負担が少ないのが特長です。つなぎ目がない為、複雑な形状のバルコニーなどにも施工が可能です。 既存の防水層にウレタン防水材と下地の密着性を高める為にプライマーを塗布し、ウレタン防水材を2層作り、 トップコートで仕上げる3層構造の防水です。 工期が比較的早く、工事費用を安く抑えることができます。短期間で防水工事を行ないたいといった方におすすめとも言えます。 下地の影響を受けやすく、きちんと下地が処理されていなかった場合、防水層のひび割れ・膨れなどが発生しやすくなりますので注意が必要です。       皆様のお宅や状況に合った工法をご提案させて頂きます!       ★防水工事の施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年06月02日 更新

スタッフブログ

清須市で無機フッ素で塗装したお宅の1年点検に伺いました。

こんにちは! 外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日から6月ですね~!早いですね! 本日は清須市K様邸の1年点検に行ってきましたのでご紹介させて頂きます(^O^)/   青と白のコントラストが素敵なK様邸! 無機フッ素にて塗装させて頂きましたので、ピカピカツヤツヤです♪     すこーし気になる箇所がありましたのでタッチアップさせて頂きました。     もちろんお掃除も♬ 玄関まわりや窓ふきをさせて頂きました。   K様、今度ともメンテナンスさせて頂きますので、末永いお付き合いを宜しくお願い致しますm(__)m   大和創建では、工事後も末永いお付き合いをさせて頂きたいと思っています。 工事が終わったからと言って、おしまいではありません。 しっかりと定期点検をさせて頂いていますので、工事後でも気になる箇所がございましたら、 お気軽におっしゃってくださいね! 最後まで責任を持って対応させて頂きます。   ★清須市の施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年06月01日 更新

スタッフブログ

ベランダや陸屋根の塗装!防水工事の種類、工法について

こんにちは! あま市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。     今日は、防水工事の種類についてです(^O^)/ →前回のブログはこちら★   防水工事は、塗る防水、貼る防水、両方利用する複合工法があります。 まずは、塗る防水、(塗膜防水)をご紹介します。   液状の防水材料を塗り、防水の膜をつくる工法です。 ウレタン防水工事とFRP防水工事の二種類があります。 ◇ウレタン防水工事 液体のウレタンを複数回塗ることによって防水層を形成し、雨の浸入を防ぎます。 複雑な形をした陸屋根面でも継ぎ目のない完全な防水層を形成できます。 工程が単純なので安価で工事日数も少なくて済むので補修時に最も選ばれる防水工事です。   ウレタン防水のメリット なんといっても価格が安いことです!!また、防水層が軽いため、建物への負担が軽減されます。 もうひとつのメリットは、施工の際に塗りやすいことです。 ウレタン防水はペンキのような液体を塗装するため、防水加工をする場所の形状を問いません。 複雑な形の建物にも向いています。   ウレタン防水のデメリット ウレタン防水の最大のデメリットは、他の施工方法に比べて耐久性が低いことです。 特に紫外線に弱く、数年に一度、塗り直しの必要があります。 また、ウレタンが液体状なので、塗りムラが起こりやすいのも欠点の一つです。   ウレタン防水の工法 ウレタン防水と言っても施工方法には2種類あります! 通気緩衝工法、密着工法です。 また次回、それぞれの特徴を紹介していきますね!   WEB限定! コロナに負けるな!応援キャンペーン ~第2弾~ 5/23(土)~5/31(日)までの期間限定で 外壁塗装工事代金を15%OFFさせて頂きます!!! 普段は滅多にやらないとってもお得なキャンペーンになっております。 この機会に是非、外壁塗装、屋根塗装をご検討下さい。   お問合せは→★こちらをクリック★ 沢山のお問合せお待ちしています♪       外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年05月30日 更新

豆知識スタッフブログ

清須市で陸屋根の防水工事の現地調査に伺いました。

こんにちは! 外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。     今日は、清須市の防水の現地調査に伺った様子をご紹介しますね!   築30年程。 天井からの雨漏れがあるという事でお問合せ頂きました。 陸屋根(りくやね・ろくやね)です。 平屋根やフラット屋根とも呼ばれています。 屋上としてBBQやガーデニングなども活用できますね!   一般的な三角屋根と比較すると雨漏りの可能性が高いと言われています。 陸屋根は三角屋根と比べると傾斜がほとんどないため、雨が降ったときの水はけが悪く、 屋根の防水性が切れた時点で雨漏りに直結する可能性があるからです。       前回の補修の跡が劣化していました。   クラックも見られました。   シーリングもかなり劣化していました。   陸屋根の劣化症状としては、他にも ・雑草が生えている ・ドレンにゴミが溜まっている、詰まっている ・雨の後に水が溜まっている ・防水層がふくれあがっている などがあります。   防水工事の種類は、大きく分けて3種類あります(^^) 塗る防水、貼る防水、どっちも利用した複合工法です! また次の機会に詳しくご紹介させて頂きたいと思います。       WEB限定! コロナに負けるな!応援キャンペーン ~第2弾~ 5/23(土)~5/31(日)までの期間限定で 外壁塗装工事代金を15%OFFさせて頂きます!!! 普段は滅多にやらないとってもお得なキャンペーンになっております。 この機会に是非、外壁塗装、屋根塗装をご検討下さい。   お問合せは→★こちらをクリック★ 沢山のお問合せお待ちしています♪       外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年05月29日 更新

スタッフブログ

清須市にて外壁塗装と屋根塗装の現地調査を行いました。

こんにちは! 外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   本日は、清須市にて外壁塗装と屋根塗装の現地調査に行ってきた様子をご紹介します。   まずは屋根です。 軽くて耐震性にも優れているスレート屋根です。 スレート屋根は、スレート自体に防水性がないので、塗膜の防水が切れる前に塗装が必要になってきます。     ビスの浮き   スレートの欠け   クラック       次は外壁を見ていきます!   チョーキング現象 塗料にふくまれている顔料がチョークのような粉状になっています。   外壁の汚れ サッシ廻りから雨水が垂れて流れに沿って汚れています。   シーリングの劣化 ひび割れ、痩せて隙間が出来ていました。隙間から雨水が入り込んでしまう可能性があります。     コケの発生 北側や日の当たらないじめじめした所では、水分があれば増殖してしまいます。   錆の発生 錆は金属が水や空気に触れると発生します。   細かく見ていくと、他にも様々な劣化症状が見られました。 これらを踏まえて何パターンかでお見積りを出させて頂きました。           WEB限定! コロナに負けるな!応援キャンペーン ~第2弾~ 5/23(土)~5/31(日)までの期間限定で 外壁塗装工事代金を15%OFFさせて頂きます!!! 普段は滅多にやらないとってもお得なキャンペーンになっております。 この機会に是非、外壁塗装、屋根塗装をご検討下さい。   お問合せは→★こちらをクリック★ 沢山のお問合せお待ちしています♪       外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年05月27日 更新

スタッフブログ

高級感のある仕上がりに!高意匠サイディングの塗装に多彩模様仕上げ!

高意匠サイディングの塗装について 外壁がサイディングでの塗り替えの場合、今の模様や風合いを残したまま塗装したいというご要望があります。 日照時間や外壁の劣化具合にもよりますが、築10年未満でしたらクリアー塗装が可能です。 しかし、年数が経過していたり、サイディングボードが劣化しているとクリアー塗装は出来ません。   では、どうしたらいいの? そんなときにオススメなのが、多彩模様仕上げです(^O^)/ ・単色塗りはちょっと・・・ ・高級感のある仕上がりにしたい! ・ご近所さんんと少し差をつけたい! という方にオススメです♪   そこでご紹介するのが、関西ペイントのRSインプルーブシリーズ!   「塗装で価値を高める」という、新たな選択。 さまざまな種類のサイディングから、色柄やテクスチャーを選べる時代。 「RSインプルーブ」はその意匠性の高さを活かしながら さらに豊かな表情を宿る関西ペイントのオリジナル塗装です。 従来の単色塗装では到達できなかった奥行きのある表現力とハイグレードな仕上がりを実現しました。 塗装とは、住宅という財産を守り、育んでいくための大切なメソッド。 ワンランク上の美しさを約束する「RSインプルーブ」なら、さらなる価値向上の好機へと変わります。 ※関西ペイントのHPより    →  現状のサイディングの質感を損なわずに耐久性をアップ    →  立体感を活かしながら自在にイメージチェンジ   インプルーブシリーズは4シリーズありますのでご紹介します。     Doubletone ダブルトーン ダブルトーンは既存のサイディングが持つ立体感を生かす2層仕上げの塗装手法です。 シンプルで洗練された色調が建物に上品な仕上がりをもたらします。   上から順に、凸部色、目地色、下塗り(シーラー)、サイディングになってます。    一般的な単色塗装ダブルトーン仕様     Doubletone Diamond ダブルトーンダイヤモンド ダブルトーンダイヤモンドは既存のサイディングの表情を追求し、ダブルトーンの上に多彩模様を吹きつけた 3層仕上げの塗装手法です。繊細な色調が建物に洗練された美しさをもたらします。 上から順に、ダイヤモンド塗装、凸部色、目地色、下塗り(シーラー)、サイディングになってます。 一般的な単色塗装ダブルトーン ダイヤモンド仕様   Marbletone マーブルトーン マーブルトーンはダブルトーンより1層多い3層仕上げによりさりげない深みを追求した塗装手法です。 職人技の光る細やかな素材感を表現し、建物が奥行のある豊かな表情を見せてくれます。   上から順に、マーブル塗装、凸部色、目地色、下塗り(シーラー)、サイディングになってます。  一般的な単色塗装マーブルトーン仕様     Marbletone Diamond マーブルトーンダイヤモンド マーブルトーンダイヤモンドはマーブルトーンに多彩模様を吹きつけた多層の仕上がりにより、 圧倒的な質感で表現した独創的な塗装手法です。 多層からなる仕上がりは建物に高級感とワンランク上の風格をもたらします。 上から順に、ダイヤモンド塗装、マーブル塗装、凸部色、目地色、下塗り(シーラー)、サイディングになってます。 一般的な単色塗装マーブルトーン ダイヤモンド仕様   高意匠サイディングの質感や風合いそのままに塗装出来ます(^^)/ 単色塗りが好みでない方にオススメです(*‘∀‘)     ★施工事例はこちら★             外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年05月26日 更新

豆知識スタッフブログ

岐阜県加茂郡にて付属部分のケレンと錆止めを行いました。

こんにちは! 外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。     本日も岐阜県O様邸の外壁塗装工事が進んでいますのでご紹介させてください( *´艸`) ★岐阜県O様邸 外壁塗装工事①★ ★岐阜県O様邸 外壁塗装工事②★ ★岐阜県O様邸 外壁塗装工事③★ ★岐阜県O様邸 外壁塗装工事④★ ↑前回までのブログはこちら     本日は養生からです(^^)/ 塗料がつかないように、塗らないサッシ廻りなどは養生をします。   次は、付属塗装です。 外壁に付属している雨樋やシャッターボックス、庇などの事です。 付帯物や付帯塗装などとも呼ばれています。   シャッターボックスのケレンです。 汚れを落としたり、細かな傷をつけて塗料との密着を良くします。   錆止めです。 鉄部は下塗りに錆止めを塗布します。   雨押え板金のケレンです。 下屋根部分の屋根と壁の境目の部分です。   こちらも板金なので錆止めを塗布します。   縦樋のケレンです。   樋バンド部分に錆止めを塗布します。   土台水切りのケレンです。 水切りは土台に水が回らないようにする役割があります。   水切りも板金なので錆止めを塗布します。   本日は錆止めまででした(^^)/ 次回は、この後、塗装1回目、2回目としていきます。     ★岐阜県の施工事例はこちら★             外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2020年05月25日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ