塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ - 施工中(外壁・屋根)ブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中(外壁・屋根)ブログ

施工中(外壁・屋根)ブログの記事一覧

あま市T様邸の外壁・屋根塗装工事が始まりました。足場と水洗いです。

こんにちは! あま市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   あま市T様邸の外壁・屋根塗装工事が始まりました~(^O^) 本日は足場工事と水洗いと現地調査の様子をご紹介します!   足場工事 足場を組み立ててから、塗料や汚れが飛散しないように飛散防止シートを貼ります。 足場工事中はかなり大きい金属音がなるため、大和創建では事前に近隣の方々へ必ず工事のお知らせを行っています。 ご近所付き合いがない方も増えていますが、弊社スタッフがきちんとご説明いたしますのでご安心くださいね(^O^)   ◇塗装工事中の注意点◇ 塗装工事は建物全体を囲うように足場を組み立てて、ご近所トラブルを防ぐために飛散防止シートを設置します。 足場は誰でも簡単に登れて、飛散防止シートがあるため足場に不審者がいても気が付かれにくくなります。 愛知県は空き巣被害が多いので、1階の戸締りだけでなく2階の戸締りも徹底するようにしてくださいね(^O^)   水洗い         足場を組み立て終わったら、高圧洗浄機を使って水洗いを行います。 上から下に洗い流すことで汚れをしっかりと洗い流すことができます。 しっかりと洗い流すことで、密着性が高まり仕上がりも耐久性もよい塗膜を形成することができます。   現地調査の様子 雨樋色褪せ 色褪せが発生するのは屋根や外壁だけではなく、雨樋などの付属箇所にも発生します。 紫外線のダメージを受け、塗膜が劣化して防水機能が低下しています。 鉄部は水や空気にさらされると、錆が発生してしまうためケレン作業後に錆止めを塗布してから塗装します。   軒天汚れ 経年により、軒天に汚れ・黒ずみが見られ美観を損ねています。 軒天は軒天には野地板などの下地が見えないように美観をよくする為と、延焼防止の効果があります。 軒天は、高圧洗浄で汚れを洗い流してから塗装します。     屋根色褪せ 屋根に色褪せが見られ劣化しています。 屋根は外壁と比べると、直射日光や雨風のダメージを直接受けたり、夏場になると表面温度が高温になるため劣化が早いです。 屋根の劣化症状は、普段目に留まらない分気が付きにくいので、10年周期でメンテナンスを行うと屋根材が長持ちします(^O^)   クラック・シーリング劣化 シーリングにひび割れ・痩せが見られます。また。シーリング周りの外壁にクラック(ひび割れ)も発生しています。 クラックは外壁材についた水分が蒸発し、収縮するため発生する場合と、建物へ揺れなどの力がかかって発生する場合があります。 シーリングにもひび割れや痩せが見られるため、シーリングの防水機能と揺れを抑制する機能が弱まっていると考えられます。 シーリングは打ち替え工事、クラックはシーリングで補修後に外壁塗装を行います。   ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月16日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市で変性シリコンでシーリング工事を行いました!

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   昨日、足場と水洗いをご紹介した清須市S様邸の外壁塗装工事が進んでいます~(^^)/ 本日はシーリング工事をご紹介します! 清須市S様邸ののブログ⇩ ★清須市S様 足場と水洗い★   シーリング工事 下地とシーリングの密着性を高めるために、まずシーリングプライマーを塗布します。 シーリングプライマーは密着性を高めることが主な役割ですが、下地からでるアクを抑える効果、シーリング材 から下地に成分が移るのを防ぐ役割もあります。 プライマーがいい加減に塗られいていると、どんなにいい機能をもったシーリング材でもきちんと機能することができません。   次にシーリングを打設します。 シーリングは少し多めに盛り上げるように充填していきます。シーリング材は2成分形変性シリコン系のスーパーⅡを使用しました(^O^) このシーリングは、硬化後に耐候性。耐久性・動的追従性に優れているバランスのよいシーリング材です。   次に専用のヘラでシーリングを押えます。 少し圧をかけてならしていくと、隙間や空気が抜け、密着性が高まります。仕上げ作業となるので、均一で滑らかな仕上がりになるよう整えます。   シーリング工事完了です(^O^)   クラック補修 外壁にクラックが発生しているため、シーリングで補修しました。 シーリング材は、適度な粘度があるためクラックの隙間に入り込み外壁からの雨漏りを防いでくれます。 充填しただけだと、密着性が十分ではないためヘラでならしたら完成です(^^)/   before after   次回は外壁塗装をご紹介します~(^O^)   ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月15日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市で外壁塗装工事が始まりました。足場と水洗いと施工前の様子。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   清須市S様邸の外壁塗装工事が始まりました~(^O^) 本日はS様邸の足場工事と水洗いと、現地調査の様子をご紹介します! ★清須市の施工事例はこちら★   工事の様子 まず最初に足場を組み立てます。 足場の主な役割は、作業効率の向上・作業員の安全性の確保の2点です。 足場を覆うようにかかっているシートは塗料飛散防止シートと呼ばれるシートで、汚れや塗料が飛散するのを防ぎます。   次に高圧洗浄機にて水洗いを行います。 外壁や屋根は外的要因により、だんだんホコリや砂、排気ガス汚れや黒ずみ、カビやコケが発生するようになります。 そのような状況で塗装工事をしても外壁と塗料が密着せず、汚れと塗料が密着してしまうため早期剥がれの原因になります。 丁寧にすみずみまで、高圧洗浄することで塗膜を長持ちさせることができます(^O^)   施工前の様子 シーリングひび割れ 経年によりシーリング材が劣化してひび割れが発生しています。 シーリングには建物に水が浸入しないようにする防水機能と、建物の揺れを吸収して外壁材がぶつかりあって割れることを防ぐ役割があります。 ひび割れを放置してしまうと、その部分から雨水が浸入して雨漏りの原因にもなるため、シーリングの打ち替え工事を行います。   チョーキング現象 塗膜がチョーキング現象(現象白亜化現象)が発生しています。 紫外線により、塗膜が分解されて塗料に含まれる顔料が表面に出てきてしまう劣化症状で、外壁に触れると白い粉が付着します。 チョーキングの粉を高圧洗浄で良く洗い流してから塗装作業に入ります。   樋バンド錆 樋を固定しているバンド部分が経年により錆が発生していました。 鉄部は水や空気にさらされると化学反応が起こり錆が発生してしまうため、ケレンして錆止めを塗布してから塗装を行います。   コケ 経年により塗膜の防水機能が薄れたり、日が当たりにくい北側はカビやコケが発生しやすいです。 高圧洗浄機で苔や汚れを丁寧に除去します。S様邸の苔は高圧洗浄機でしっかりと除去出来ましたが、苔が酷かったり、汚れが 目立つ場合は「薬品洗浄」(バイオ洗浄)というコケやカビを根こそぎ除去することができる洗浄方法を行います。 この方法は、薬品といっても植物由来の成分を使用しているため、安心で環境に優しいです。   今回はここまで(^O^) 次回はシーリング工事をご紹介します! ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月14日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市でオートンイクシードでシーリング工事を行いました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   昨日、足場と水洗いをご紹介した清須市K様邸の塗装工事が進んでいます。 本日は、シーリング工事とシーリングの役割についてをご紹介します~(^O^) ★清須市K様邸 足場と水洗い★   シーリング材の役割 サイディングボード、ALC外壁などのつなぎ目に打設されているぷにぷにしたものがシーリングです。 サッシ周りにもシーリング材は使われています。 シーリング材の役割は隙間を埋めて、雨水の浸入を防ぐことが1番の役割ですが地震などによる衝撃を吸収する役割があります。 外壁材にひび割れが発生しないように、地震などによる動きを緩衝する重要な役割もあります。 シーリング材が経年により劣化して、肉やせやひび割れが発生すると外壁材からの雨漏りの原因や、外壁材のひび割れの原因にもなるためメンテナンスは大切です。   シーリング工事   まず最初に既存のシーリングをキレイに撤去します。   次にマスキングテープで目地周りを養生してから「シーリングプライマー」を塗布します。 シーリングプライマーは、下地とシーリングの密着性を高める役割があり、プライマー不足だとシーリングが機能しなかったり、早期剥がれや劣化の原因になります。 目地やサッシ周りに均一になるように塗布します。   次にオート化学の「オートンイクシード」というシーリング材を打設します。 オートンイクシードは「長寿命シーリング」と言われていて、耐久試験・耐候試験の結果、両方ともバランスよく30年の耐性がありました。 一般的なシーリング材が10年から20年の耐性があると言われているため、とても高耐久で安心できますね(^O^)   次にヘラ押さえをします。 表面を整える仕上げ作業でもありますが、シーリングの目地の間の空気や隙間をなくししっかりと密着するように軽く押し込むようにしてならしていきます。   画像が暗いですが、マスキングテープを剥がしたらシーリング工事完了です(^^)/ 表面が滑らかでキレイなシーリングに仕上がりました。 次回は外壁塗装工事をご紹介します~(^O^)       ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装工事の施工事例はこちら★ ★屋根塗装工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月08日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

外壁塗装を長持ちさせることができる2つのポイントとは?

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   外壁塗装工事は安いお買い物ではないため、せっかく塗装するならキレイに長持ちさせたいですよね! 本日は、外壁塗装を長持ちさせるポイントについてご紹介します~(^O^)     外壁塗装を長持ちさせるポイント ①塗膜の劣化が進行する前に塗装する まず、長持ちさせるポイントは塗膜がひび割れや塗膜の剥がれ・浮きが発生する前に外壁塗装を行うことです。 経年とともにどうしても、塗膜は劣化しひび割れや塗膜の剥がれなどが発生してしまいます。 塗膜が劣化し、外壁材が剥き出しの状態になってしまうと雨水を吸い込んでしまったり、雨漏りが発生して建物内部の劣化の原因になってしまう可能性があります。 腐食が進んでしまったり、劣化が激しい場合は塗装工事だけでは対応できなくなってしまうため、適切なタイミングで、外壁塗装工事をすることがポイントとなります。 外壁塗装は外壁がボロボロになってからという方が多いですが、ボロボロになる前に塗装をした方が確実に費用を抑えることが出来ます。 劣化が進行すると高額なリフォームが必要になる場合もありますので、10年に1度を目安に外壁をチェックしてくださいね!     ②外壁の汚れを落とす 外壁は常に外気にさらされているため、外的要因により汚れがだんだんと目立つようになります。 汚れを放置してしまうと汚れがこびりついて落ちにくくなってしまったり、外壁が変色してしまう原因になります。 コケやカビなどは、保水性が高いため美観を損ねるだけではなく外壁材の劣化に繋がりかねないため、お手入れが必要になります。 外壁の詳しい洗浄方法がかいてあるブログはこちら➡★外壁の洗浄方法★ 水洗いのみでもこびりついていない汚れはキレイに洗い流せるのでオススメです(^O^)       いかがでしたか? 肝心なのは、「塗り替えの時期を逃さないこと」と「日頃からメンテンナンスを行う」ことです! 機能性塗料といい高耐久の塗料や汚れが付きにくい低汚染性の塗料など様々な塗料があります。 大和創建はご相談、お見積り、現地調査は無料ですので、お気軽にお問合せ下さいね~(^O^) ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月04日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市で外壁塗装工事が完工しました。付属塗装と全体のビフォーアフター

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   昨日外壁塗装工事をご紹介しました清須市Y様邸の塗装工事が完工しました(^O^) 本日は、付属塗装工事の様子と全体のビフォーアフターをご紹介します。 前回のブログはこちら⇩ ★清須市Y様邸 足場と水洗い★ ★清須市Y様邸 外壁塗装工事★   破風塗装 まず最初に破風をケレンします。木部の付属部分もしっかりとケレンします。 ケレン作業にて、経年劣化や紫外線により浮いた塗膜を除去します。           破風塗装1回目と2回目です。塗料は関西ペイントのセラMフッ素を使用しました。 2回塗りで塗装したら破風塗装完了です。   雨樋 雨樋をサンドペーパーでケレンします。樋バンドと雨樋本体もケレンをして下地を整えます。   次に樋バンド部分に錆止めを塗布します。錆止めは2液型エポキシ錆止め塗料を使用しました。 錆止めを塗布することで錆が発生しにくくなり、美観の維持はもちろん、付属部分の寿命を延ばすことも可能です。       雨樋を2回塗りで塗装したら完成です(^^)/ セラMフッ素は汚れが付きにくい低汚染性の塗料なので美観を維持することができ、耐久性も高いので長期に渡り付属部分を保護します。   ここからはまとめてご紹介します。 小庇・帯・雨戸 ケレン         錆止め塗布         塗装1回目         塗装2回目          before           after       施工前は色褪せが目立っていましたが、ツヤツヤのピカピカの付属部分になりましたね! 付属部分の色をまとめると統一感がでて、素敵な仕上がりになりました。   全体のビフォーアフター before       after     黄色い外壁からブラウンにすることでガラっとイメージチェンジしました。 和×ブラウンの組み合わせは、温かみがある落ち着いた印象でとても素敵ですね! フッ素塗料をお選び頂きましたので、耐久性も期待できます。 今後ともメンテンナンスして参りますので、よろしくお願い致します。Y様ありがとうございました(^^♪   ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★防水工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月03日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市でセミフロンマイルドⅡでトタン外壁の塗装工事を行いました。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   先日、足場と水洗いをご紹介しました清須市Y様邸の塗装工事が進んでいます~(^O^) 本日は、外壁塗装工事の様子をご紹介します。 前回のブログはこちら⇩ ★清須市Y様邸 足場と水洗い★   まず、ケレンを行います。 トタン屋根もトタン外壁もケレンが1番重要な作業で劣化塗膜を除去したり、錆止め塗料の密着力を強めるため、既存塗膜の目荒らしをする作業です。 サイディングボードやALC外壁は下地処理が水洗いで十分なことに対し、トタンは水洗いのみだと下地処理が不十分です。 素材は鉄板であるため、錆の発生がしていなくてもケレン作業で下地を整える必要があります。       外壁塗装下塗りです。下塗り塗料はKFケミカルのセミフロンエポプライマーⅡを使用しました。 セミフロンエポプライマーⅡは錆止め塗料で、錆が発生しにくくする効果があります。       外壁塗装中塗りと上塗りです。 塗料は、中塗りも上塗りも同じものを使用していてKFケミカルのセミフロンマイルドⅡを使用しました。 トタン外壁もサイディングボードと同様、3回塗りで塗膜を形成します。 セミフロンマイルドⅡはフッ素塗料なので、耐久性も期待できますね!   before   after 黄色い外壁から、自然を連想させる落ち着いたブラウンにすることで印象がガラッと変わりましたね(^^♪ ブラウンにすることで温かみもあり落ち着いた印象が、和の雰囲気と合っていて素敵になりました。 次回は、付属塗装工事と全体のビフォーアフターをご紹介します(^O^)   ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★防水工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2022年01月02日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

清須市で外壁塗装工事が始まりました。足場と水洗いです。

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日で2021年ラストですね~! 今年もたくさんのお問い合わせやご縁を頂き、ありがとうございました! 本年も無事に終えられましたのも清須市の皆様はじめ、地域の皆様、大和創建をご愛顧頂いてる皆様のおかげと感謝しております。 2022年も地域の皆様のお役に立てるよう、大和創建一同、より一層の努力をして参ります。 来年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。   清須市でトタン外壁の戸建て住宅の外壁塗装工事が始まりました~(^O^) 本日は、トタンについてと足場と水洗いをご紹介します。 ★清須市の施工事例はこちら★   トタンについて トタンというと、トタン屋根を想像する方が多いかと思いますが、屋根だけではなく外壁にも使われる建設材料です。 最近のトタン外壁は種類も複数あり、オシャレでデザイン性が高いものが増えています。 トタンは、別名「亜鉛メッキ鋼板」と呼ばれていて、薄い鉄板に亜鉛メッキが施されている素材です。 トタン外壁はその他の外壁と比べると、つなぎ目がないため雨水が侵入しにくい素材です。 そのため、トタン外壁の1番のメリットは雨漏りが発生しにくいことです。 しかし、トタンは金属なので経年により表面の塗装が剥がれてしまうと、水や空気により錆が発生してしまいます。 その錆を放置してしまうと、腐食して穴が空いてしまう危険性があるため、定期的なメンテナンスは大切になります。   工事の様子 まず最初に足場設置です。 足場を組み立ててから、汚れや塗料が近隣住宅に飛ばないように「塗料飛散防止シート」を設置します。 近隣の方とのトラブルの防止にもなりますし、職人の安全性も確保することができます(^O^)   次に水洗いを行います。 防音型・節水型の高圧洗浄機で、汚れを洗い流していきます。 水洗いや下地処理が不十分だと、どんなにいい塗料で塗装しても早期剥がれの原因になってしまいます。 見えなくなる箇所ではありますが、しっかりと汚れを洗い流していきます。   今回はここまで!次回は、外壁塗装工事をご紹介します。   ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★防水工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年12月31日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ

名古屋市北区で無機フッ素塗料で外壁塗装工事を行いました。

こんにちは! 名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   先日、シーリング工事をご紹介して名古屋市北区N様邸の塗装工事が進んでいます~(^O^) 本日は、外壁塗装工事の様子をご紹介します。 ★名古屋市の施工事例はこちら★ 前回のブログはこちら⇩ ★名古屋市N様邸 足場と水洗い★ ★名古屋市N様邸 シーリング工事★       外壁塗装下塗りです。 下塗り塗料は、KFケミカルのセミフロンフィラーEPOを使用しました。 下塗りは下地と上塗りの密着性を高める接着剤のような役割があります。     上記の画像のように、上塗り材のみで塗装してしまうとしっかりと密着しないため早期剥がれや劣化の原因になってしまいます。 下塗りは、高耐久でムラのないキレイな仕上がりにするためにも重要です。 外壁塗装をご検討中の方は見積書に、「下塗り」の欄があるかチェックしてくださいね~!       外壁塗装中塗りです。 中塗り塗料は、KFケミカルのセミフロンスーパーマイルドⅡを使用しました。 この塗料は、オルガノポリシロキサン系樹脂と4フッ化フッ素樹脂でなる無機フッ素樹脂塗料です。 レンガや石は無機質で半永久的な物質で、無機を配合することで高耐久な塗料になります。 優れた低汚染性・高耐久の塗料なので長期に渡り、建物を守り美観も維持することが可能です。   外壁塗装上塗りです。中塗りと同じ、セミフロンスーパーマイルドⅡを使用しました。 外壁塗装は基本3回塗りで、上塗りはしっかりと厚みを出し均一になるように塗装していきます。   before   after 目地と目地の間に色褪せや塗膜の剥がれが見られ美観を損ねていましたが、キレイに蘇りましたね(^^♪ 色も明るくなり、印象がガラッと変わりました。 無機フッ素での塗装ですので、耐久性も期待できますね! また、更新します~!   ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★防水工事の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年12月30日 更新

施工中(外壁・屋根)ブログスタッフブログ