塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 建売住宅の外壁塗装はいつ塗り替えればいいの??

建売住宅の外壁塗装はいつ塗り替えればいいの??

豆知識スタッフブログ 2021.08.26 (Thu) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

マイホームに永く住むには、定期的なメンテナンスがかかせません。

新築建売住宅を購入したら、いつ塗り替えればいいのでしょうか?

不動産業者が仲介に入る建売住宅は、注文住宅に比べると定期点検の機会が少ないそうです。

そのため、外壁塗装のタイミング必要性に疑問を感じてる方も多いと思います。

 

 

・塗り替えの目安は10~15年

建売住宅を購入してから10年程経つと、色褪せが気になってきたり、

リフォームの営業が来たりすることも増えてきていると思います。

建売住宅では、デザイン性の高い窯業系のサイディングボードが外壁に使われてることが多いです。

寿命自体は30~40年程と言われています。

表面の塗装は劣化しますので10年程塗り替えが必要になります。

 

次に多いのは金属サイディングです。モダンなデザインに多いです。

15~20年でメンテナンスしましょう。

メンテナンスフリーと謳う業者もいますが、永久にメンテナンスがいらないという事では

ありません!次の塗り替えまでの期間が長いという事です。

 

・建売住宅でも外壁を気に入った色に出来る

建売住宅や分譲住宅は、外壁の色の選択肢が少ないことがあります。

色も形も同じような建物が数軒並んでいることが、たまにありますよね。

「もっと違う色が良かった」や、「周りの家とは違う色が良かった」

と思っていた方には、外壁塗装をすれば外壁の色を変更できます。

単色塗りももちろんですが、2トーンデザイン性のある塗り分けなども可能ですので、

外壁塗装で個性を出すことが出来ますよ(^^)/

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

★清須市の施工事例はこちら★

★外壁塗装の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック