塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁塗装をご検討中の方必見!外壁の10の塗り替えサインにつ…

外壁塗装をご検討中の方必見!外壁の10の塗り替えサインについて

豆知識スタッフブログ 2021.07.10 (Sat) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

外壁塗装が初めての方は劣化症状に気が付きにくいですよね。

定期的に塗り替えることで、キレイな外観を保ったり、お家の劣化を防いだりお家をキレイに長持ちさせるためには

メンテナンスが大切です(^^)/

外壁や屋根は塗り替えが必要な時にはサインを出してくれるんです!

今回は、塗り替えの10のサイをご紹介しますので、お家に塗り替えサインがないか確認してみてくださいね(^^♪

 

10の塗り替えサイン

劣化の深刻度が低い順にご紹介します!

 

①ツヤが消える

建てた当時にツヤのある外壁のデザインでしたか?

もしツヤがなくなっている場合は、塗膜が劣化してきているサインです。

②色褪せ

紫外線により、塗料に色を付ける時につかう顔料が分離し色褪せます。

色褪せは全体が均一に色褪せるわけではなく、まだらに色褪せが発生します。

 

③チョーキング現象

外壁を触ると白い粉が付着することをチョーキング現象といいます。

色褪せが見られた場合はこのチョーキング現象も起きていることがほとんどで、紫外線により塗膜が分解されて外壁表面に顔料が

浮き出できます。実際に手で触って確かめてみて下さいね(^^)/

 

④汚れ

外壁なんて外にあるんだから汚れて当然と思う方がいるかと思いますが、塗料は機能性塗料と呼ばれるものが開発

されていてその中に雨で汚れを洗い流してくれるセルフクリーリング機能のある塗料があります。

そのため、外壁に汚れが付きづらくキレイを長持ちしてくれますが、汚れが目立ってきた場合は塗膜の機能が失われて

きている可能性が高いです。

 

 

⑤カビやコケの発生

日当たりの悪い外壁は湿度が高くジメジメしてるため、コケやカビが発生しやすいです。

塗料にはカビやコケの発生を抑える効果があるものもあり、その効果が薄れてきているサインです。

 

⑥ひび割れ

地震などによる建物の揺れや、外壁材が膨張と収縮を繰り返すことでひび割れが発生します。

ひび割れには「ヘアークラック」と「構造クラック」の2種類があります。

ヘアークラックは髪の毛くらいのひび割れで塗膜にできたひび割れですが、構造クラックは外壁材までひび割れが

発生していることもあるため注意が必要です!

 

⑦鉄部の錆

外壁や屋根だけではなく、鉄部も同じように劣化し錆などの劣化症状が見られるようになります。

鉄部の錆を放置してしまうと腐食してしまい穴が空いてしまうことも(>_<)

穴が空いてしまうと塗装だけでは解決できず、交換することになってしまいます。

鉄部は水や空気に触れると錆が発生してします。

 

⑧外壁や屋根の反りや浮き

外壁材や屋根材に反りや浮きが発生すると、その隙間から雨水が浸入して雨漏りの原因になる可能性があります。

そのまま反りや浮きが進行してしまうと割れてしまうことも(>_<)

外壁からの雨漏りも実は多いので、反りや浮きがないかチェックしてみて下さいね!

 

⑨シーリングの劣化

シーリングとは目地と目地のつなぎ目にあるゴム状のものです。

シーリングも紫外線や雨風の影響を受け、経年により劣化します。

シーリングは揺れによる衝撃を吸収したり、雨の侵入を防ぐ役割があります。ひび割れや隙間、痩せが見られたら注意が必要です。

 

⑩塗膜の剥がれ

塗膜のひび割れが悪化すると塗膜がぺりぺりと剥がれてしまいます。

1度塗膜が剥がれてしまうと、周りもどんどん剥がれてしまいます。

塗膜が剥がれた箇所は紫外線、雨風が外壁材に直接ダメージを与えてしまい、建物の寿命が短くなってしまいます。

そのため、塗膜の剥がれが見られたら早めに外壁塗装を依頼しましょう!

 

★清須市の施工事例はこちら★

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック