塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 屋根のトラブルが起きやすい箇所とは?

屋根のトラブルが起きやすい箇所とは?

豆知識スタッフブログ 2021.06.22 (Tue) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

6月に入り、雨漏りのお問合せも増えています。

雨漏りの原因は、屋根や外壁、サッシまわりなど様々な箇所が考えられます。

今回は、屋根不具合が起きやすい箇所について紹介します。

 

・屋根の棟

↑画像の赤線の部分です。

屋根で起こる雨漏りの6~7割棟が原因とも言われているほどなんです。

なぜか?と言うと、棟は構造上隙間ができやすいからなんです。

棟は屋根と屋根が重なり合う部分なので、どうしても隙間ができやすくなります。

経年劣化とともにリスクは高まります。

 

そこで、ご自身でできる棟のチェックポイントを紹介します。

・棟瓦がズレたり、浮いたりしていないか?(和瓦の場合)

・棟板金が浮いたり、はがれたりしていないか?

・錆が発生していないか?

・庭に釘や板金が落ちていないか?

目視で確認できない場合は、双眼鏡などで見てみてください。

屋根に登る際は、危険ですので十分注意してくださいね!

 

特に台風や強風の後にチェックするのをオススメします。

その際、自然災害が原因で屋根の破損が見つかった場合、火災保険が適用されるケースが多いです。

工事代金が火災保険で賄える事もありますので、一度お問合せくださいね!

申請からサポートします(^^)/

 

 

 

 

 

★清須市の施工事例はこちら★

★外壁塗装の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック