塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 雨漏りとシロアリの関係性について!早めの対策が重要です。

雨漏りとシロアリの関係性について!早めの対策が重要です。

豆知識スタッフブログ 2021.04.26 (Mon) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

4月下旬になり、もうそろそろ梅雨の時期ですね(>_<)

雨の時期になると、雨漏りのお問合せがだんだん増えてきます。

シロアリが発生する80%の原因が、雨漏りということを知っていますか?

雨漏りを放置してしまうと、シロアリが発生して高額なリフォームが必要になることがあります。

今回は雨漏りとシロアリの関係性についてご紹介します!

 

どんな症状がでたら雨漏り?

・天井にシミができた

・水が垂れてきた

・カビのにおいがする

このように目から見える状態になったものは雨漏りではなく雨漏りによる、2次被害と呼ばれるものなんです!

外壁や屋根などから雨水が浸入した時点のこと「雨漏り」と言います。

 

雨漏りとシロアリ

シロアリには「湿った木材」を好む性質があります。

雨漏りが発生すると、建物内部の木材が雨水により湿るため放置しておくとシロアリをおびき寄せてしまいます。

シロアリ発生の原因の80%が雨漏りなので、雨漏りを防ぐことが重要になります(^O^)

 

シロアリが発生した場合の症状

・部屋の中に羽アリが発生

・柱などの木部に穴が空く

・建物内が空洞化するため、建物の耐久性が落ちる

・大規模なリフォームが必要になる可能性がある

虫が部屋にいるだけでも嫌ですが、地震や台風などで家が崩れる恐れがあるため雨漏りに気が付いたら早めの対策が大切です!

 

雨漏りは屋根だけではなく、外壁、ベランダなど色んな場所から発生する可能性があります。

新築から10年、前回のメンテナンスから10年が目安ですが定期的な点検とメンテナンスで雨漏りや劣化を防ぎましょう!!

雨漏りのご相談や、診断、お見積り無料ですのでお気軽にお問い合わせください(^^♪

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック