塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁材・屋根材として使われるガルバリウム鋼板とは?

外壁材・屋根材として使われるガルバリウム鋼板とは?

豆知識スタッフブログ 2020.12.02 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

今回は、「ガルバリウム鋼板」についてご紹介します(^^)/

 

 

ガルバリウム鋼板とは?

外壁材と屋根材として使われる金属板です。

アルミニウム亜鉛シリコンからできていて「アルミ亜鉛合金メッキ鋼板」と言われることも

あります。

屋根材として使用されることが多いです。

 

 

ガルバリウム鋼板のメリット

錆びにくい

耐久性高い

軽い

耐震性高い

 

ガルバリウム鋼板は錆が発生しにくく、寿命が約10年から20年と長いです。

ガルバリウム鋼板は厚さ1~3㎜と薄く、軽いため建物の負担にならないです。

軽くて丈夫なため地震にも強いです。

 

 

ガルバリウム鋼板のデメリット

傷が付きやすい

断熱性・遮音性低い

結露が起こりやすい

 

ガルバリウム鋼板は軽量で薄いのがメリットですが、そのため傷が付きやすいです。

表面に傷がついてしまってそこに雨が当たると赤錆の原因になるので注意が必要です。

断熱性、遮音性が低いとご紹介しましたが、雨音を軽減させるために断熱材や遮音テープなどを

貼り付け軽減させることも可能です。

 

 

ガルバリウム鋼板はカラーバリエーション豊富で亜鉛鉄板より長持ちします。

定期的なメンテナンスを行うことで欠点を補い、長持ちさせることができます(^^)/

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック