塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > なぜ外壁塗装をするのか?外壁塗装をする理由

なぜ外壁塗装をするのか?外壁塗装をする理由

豆知識スタッフブログ 2019.12.26 (Thu) 更新

こんにちは(^^)/
清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

今年もあと少しですね!

皆さん忘年会は終わりましたか??

この季節、忘年会やクリスマス会など楽しいお酒の席も多いですよね(*’▽’)

私たち大和創建も、先日忘年会を行いました!

今年1年の感謝と来年の抱負を胸に・・・( *´艸`)

清須市の皆様へ喜んでいただけるように、来年も頑張っていきます(‘◇’)ゞ

 

さて、本日はなぜ外壁塗装をするのか?

についてお話したいと思います!

・築10年経ったから

・まわりのお家がやってるから

・営業が家に来たから

などが理由で外壁塗装を考える方も多いです。

なぜ外壁塗装をするのか?

あまり知らない方もいると思います。

 

外壁塗装の目的は

①建物の見た目をキレイにする

②塗料の膜で雨水などの外気から建物を守る

という2つの目的があります。

 

 

①建物を見た目をキレイにする

というのは、目に見える部分なのでわかりやすいですね。

家は新築から10年経つと色褪せてきます。

そこで塗装することにより新築のような状態に戻す、もしくは新しい色に変えることにより、

外観を美しくすることができます。

 

②塗料の膜で雨水などの外気から建物を守る

外壁塗装を行うと塗膜という膜で建物が守られるようになります。

塗膜により撥水性が生じ、外気の水分の侵入を防ぐことにより、劣化を

防ぐことが出来ます。

外気の水を建物内に入れさせないことが塗装の一番の目的です。

新築後、または塗装後、建物は年月が経過するとひび割れ、剥がれなどの劣化が

でてきます。

劣化を放置すると雨水がしみ込んで柱や土台を腐らせてしまいます。

そうなると塗装だけでは対応できなくなってしまい、様々な修復工事が必要になり

工事代金も高額になってしまう可能性があります。

このようにならないために、早めの点検をオススメします!

建物の見た目も重要ですが、塗装には建物を守るという役割があります(^^)/

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!
詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/

 

☆★☆★☆年末年始休業のお知らせ★☆★☆★
誠に勝手ながら12/29(日)~1/5(日)まで休業とさせて頂きます。
なお、電話、メールでのお問合せ1/3(金)より対応させて頂きます。
ご不便とご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。