塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ - 豆知識 blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

外壁塗装の養生の役割、重要性とは??

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。     外壁塗装の際に「養生」という言葉を聞くと思いますが、今日は養生の重要性について お話させて頂きます。 引っ越しの時に家の中や家具が傷付かないように、段ボールや布を巻き付けたりしますが、 外壁塗装ではどういった役割があるのでしょうか? 外壁塗装での養生は、塗らない箇所を間違って塗るのを防いだり、塗料の飛び散りを防ぐ役割があります。 作業前に養生しておくことで、塗る箇所と塗らない箇所が明確にわかりますので、作業がスムーズに進みます。   養生の必要な箇所   ・足場 まず、足場を設置した際に、養生として飛散防止ネットで覆います。 近隣のお宅や車に飛散しないための対策です。   ・玄関まわり、窓まわり 玄関ドアやタイル、ポストなど玄関まわりは塗装しない箇所が沢山あります。 玄関先はビニールで滑って転倒する可能性がある為、ノンスリップシートを使用します。 ドアは養生しても開閉できるようにしておきます。   ・室外機や給湯器 給気口や排気口を塞がないように養生します。 エアコンや給湯器を使う場合は、養生をしたまま使っても問題ないかどうか業者に確認しましょう。 (異常着火や燃焼不良が発生する可能性があります。)     ・車 家の隣や敷地内に車を停めている場合は、カーシートをかけます。 塗装工事中に外出する際は、取り外して車に乗ることも可能です。   ・植木、花壇 プランターや植木鉢など動かせるものは、安全な場所に動かしましょう。 動かせないものは、枝などに注意して養生します。 呼吸ができずに枯らしてしまうことのないように、あらかじめ業者と相談しましょう。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年08月03日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁・屋根塗装で使うシリコン塗料のメリット・デメリットについて

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   外壁・屋根塗装をご検討中の方は、塗料選びも迷われますよね。 様々な塗料がある中で、塗料の主成分の合成樹脂がシリコン系の「シリコン塗料」という塗料があります。 シリコン塗料の特徴や欠点ないのかと不安に思われる方もいるかと思います。 今回は、「シリコン塗料」の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します!   シリコン塗料のメリット ①コストパフォーマンスが高い塗料 シリコン塗料は比較的に安価で、塗料の単価の割には耐久年数が長いのが特徴です。 シリコン塗料の耐久性は8年から15年程で、シリコン塗料よりグレードの低いアクリル塗料やウレタン塗料と比べると、 耐久性は約1.5倍も長持ちします。   ②汚れにくい シリコン塗料はツヤのある仕上がりのため、大気中のちりやほこり、排気ガスを寄せ付けにくい低汚染性の塗料です。 また塗膜が固く、撥水性のある塗料なので耐水性も優れています。 水を通しにくいため、雨水や湿気による建物の劣化を防ぎます。   ③熱に強い 約600℃の環境下でも耐えられる塗料も存在していて、暑い地域でも安心して採用できる塗料です。     シリコン塗料のデメリット ①ひび割れしやすい シリコン塗料は他の塗料と比べると塗膜が固く、ひび割れ(クラック)が発生しやすいです。 温度や水分で伸縮しやすい外壁材や、振動が多い土地には向いていません。   ②塗料が扱いずらい シリコン塗料は塗膜が固く、撥水性が高いため付着力が弱いです。 そのため重ね塗りや塗り替えが難しいので、経験や知識のある業者へ依頼しましょう! 今はやりのDIYでの補修作業には向いていません。     いかかでしたか? 塗料のコストパフォーマンスを重視したい方や、ツヤのある外壁にしたい方にはオススメの塗料です! お見積りやご相談無料ですのでお気軽にお問い合わせください~!   ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★屋根塗装の施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年08月02日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁・屋根塗装工事中に気を付けるポイントやよくある質問について

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日から8月に入りましたね! 8月1日は一年を通して8月が水を使う量が多い月であることから「水の日」だそうです。 節水を呼びかけるために1977年から制定されているようなので節水を心がけましょう(^O^)/     外壁・屋根塗装工事が始まると、大掛かりな工事であるため、普段通りの生活とはいかない部分がいくつかあります。 今回は不安を一つでも無くせるように、塗装工事中に注意するポイントやできないことについてご紹介します!     ・塗装工事中に留守にしてもいい? よくある質問ですが、留守にすることは問題ありません。 しかし、塗装工事中は足場と塗料飛散シートで家全体が覆われています。 シートに覆われているため空き巣に狙われやすく、足場があるため2階以上からの侵入も出来てしまいます。 そのため、普段よりも戸締りのチェックを上の階まで念入りに行うようにしてください(^^)/     ・エアコンは使える?窓は開けれる? 8月に入り、猛暑日が増えていくのでエアコンが使えるか不安に思われている方も多いと思いますが、塗装工事中でも エアコンの使用は可能です。 窓は塗装工事中に塗料が付着しないように養生をしますが、換気をして風通しを良くしたいと思われる方がいると思います。 窓を開けて、換気ができるように対応してくれる塗装業者を選ぶようにしましょう!     ・洗濯物は外に干せる? 外に干すと、塗料や汚れが付着してしまう可能性があるため外干しはお断りしている塗装業者がほとんどです。 塗料のきつい臭いが衣服についてしまうこともあるため、塗装工事中のお洗濯は「部屋干し」をお願いしています。 塗装工事前に部屋干しできる環境を整えておくことをオススメします。     塗装工事中に注意するポイント ・窓の施錠をしっかりと行う 塗装工事の前に、高圧洗浄機にて外壁や屋根の汚れを洗い流します。 わずかな隙間でも建物内部に水が浸入してしまう可能性があるため、施錠をしましょう。 施錠することで防犯対策にもなりますし、作業で発生する音も静かになります。   ・塗料の塗りたてに注意 お出掛け前に、無意識に壁に寄りかかったり、柱に掴まったりをしている方は塗装工事中は注意しましょう。 衣服や手に塗料が付着してしまうとなかなか取れません。 塗装工事中は物を立てかけたり、触ったりしないようにしてくださいね(^O^)     いかがでしたか? 満足度の高い塗装を実現させるためには、塗装工事中に疑問に思ったことはすぐに確認することが大切です。 外壁や屋根塗装は、頻繁に行うものではないため疑問点があれば妥協せず話し合うことも大切ですし、疑問を解決する ことでお客様の不安を軽減できると思います。 なにか気になることやご相談がある方は、お見積りやご相談無料ですのでお気軽にお問い合わせください!   ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★屋根塗装の施工事例はこちら★   外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年08月01日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁塗装は給湯器や室外機の周りや裏も塗装するのかについて

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   戸建て住宅では、外壁に給湯器や室外機が付いていることが多いですよね。 外壁塗装を検討中だけど、給湯器や室外機の裏や周りの塗装はするのか気になっている方もいると思います。 今回は給湯器の裏や周りの塗装は可能なのかについてご紹介します(^O^)   給湯器の周りや裏は塗装できる? 外壁と給湯器の隙間が「10㎝以上」の場合は塗装ができます! 5㎝も隙間がない場合は、塗装することが難しいです。できたとしても、職人の手が届くところまでの塗装になります。 塗料が付かないように養生してから、ローラーや刷毛を使用して塗装していきます。 どうしても、給湯器裏の塗装もしたい場合は給湯器を外すしかありません。 その場合は、ガス屋さんなどの専門業者に給湯器の取り外しを依頼します!         給湯器を取り外した場合のメリット・デメリット メリット 給湯器の周りや裏まできちんと外壁塗装するとどこから見てもキレイな外観になるというのが一番のメリットです。 給湯器で隠れている外壁は、紫外線や雨風の影響を受けづらいため劣化しにくいですが10年に一度の外壁塗装なので 隅々までピカピカにしたいと言う方には給湯器を取り外して塗装してもらうことをオススメします(^O^) もし仮に、経年劣化で給湯器が壊れてしまい、新しい給湯器に交換という時でも、給湯器の裏を塗装しておくことで塗り残しが 目立たないというメリットもあります!   デメリット 給湯器の交換時に塗り残しがあると、元の給湯器より小さいサイズの場合塗り残しが目立ってしまうことがデメリットです。 しかし、給湯器はすぐに壊れるようなものではないため、塗り残しが気にならない方にとってはあまりデメリットではないと 思います。 給湯器を取り外して塗装を行う場合、ガス業者や専門業者に依頼をするためその分の追加費用が見積もり合計に加算されます。 外壁塗装だけでも大きな買い物です。そのため費用面はとてもシビアな問題です。   ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★清須市の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年07月16日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁・屋根塗装の現地調査は何のためにするのかについて

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   外壁・屋根塗装は、お見積もりを出す前に「現地調査」を行います。 現地調査と言われても具体的にどんなことをするのか、よくわからない方がほとんどだと思います。 お家の劣化状況、面積を把握してから見積もりを出すため、現地調査は必ず行います! 今回は、「現地調査」についてご紹介します(^^)/   現地調査ってなに? お見積りを出すために、お家の状態や面積を調べるために行う調査です。 お問合せがショールーム来店ではない方は、塗装業者と最初に会うのが現地調査の時です。 現地調査の段階から、仕事ぶりや人柄、雰囲気をしっかり見ておきましょう!     現地調査は具体的にどんなことをするの? ①お家の面積を測る・付属部分の数や面積も測る 屋根や外壁の長さを測って面積を出したり、図面をもとに建物の面積を出します。 窓などの塗装をしない箇所の長さも測り、外壁の面積から塗装しない箇所の面積を引いて面積を求めます。 外壁塗装と一緒に、付属部分(雨戸や小庇など)も塗装するため、数や長さを測って面積を出します。   ②外壁や屋根材の素材や劣化状況をチェック 外壁や屋根にどんな劣化症状があるか、プロの目で調査します。 チョーキング現象やクラック、コケやカビの発生、鉄部の錆などの劣化症状がないか、外壁材と屋根材は何を使用しているかを詳しく見ていきます。 屋根の調査にはドローンを使用し、屋根の劣化状況を確認しています! 大和創建では、劣化した箇所の画像と劣化症状と改修方法をまとめた「診断書」をお渡ししています。       現地調査ってどのくらい時間がかかる? 一般的な戸建て住宅(30坪)ほどの大きさのお家の場合、30分から1時間ほどかかります。 10分程度で現地調査が終わる業者は、お家の調査をきちんとしていない可能性があるので隅々まで調査してくれる業者に依頼しましょう!     大和創建では、現地調査、お見積り無料ですのでお気軽にお問い合わせくださいね(^^♪ ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★屋根塗装の施工事例はこちら★ 外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年07月15日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁塗装をご検討中の方必見!外壁の10の塗り替えサインについて

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   外壁塗装が初めての方は劣化症状に気が付きにくいですよね。 定期的に塗り替えることで、キレイな外観を保ったり、お家の劣化を防いだりお家をキレイに長持ちさせるためには メンテナンスが大切です(^^)/ 外壁や屋根は塗り替えが必要な時にはサインを出してくれるんです! 今回は、塗り替えの10のサインをご紹介しますので、お家に塗り替えサインがないか確認してみてくださいね(^^♪   10の塗り替えサイン 劣化の深刻度が低い順にご紹介します!   ①ツヤが消える 建てた当時にツヤのある外壁のデザインでしたか? もしツヤがなくなっている場合は、塗膜が劣化してきているサインです。 ②色褪せ 紫外線により、塗料に色を付ける時につかう顔料が分離し色褪せます。 色褪せは全体が均一に色褪せるわけではなく、まだらに色褪せが発生します。   ③チョーキング現象 外壁を触ると白い粉が付着することをチョーキング現象といいます。 色褪せが見られた場合はこのチョーキング現象も起きていることがほとんどで、紫外線により塗膜が分解されて外壁表面に顔料が 浮き出できます。実際に手で触って確かめてみて下さいね(^^)/   ④汚れ 外壁なんて外にあるんだから汚れて当然と思う方がいるかと思いますが、塗料は機能性塗料と呼ばれるものが開発 されていてその中に雨で汚れを洗い流してくれるセルフクリーリング機能のある塗料があります。 そのため、外壁に汚れが付きづらくキレイを長持ちしてくれますが、汚れが目立ってきた場合は塗膜の機能が失われて きている可能性が高いです。     ⑤カビやコケの発生 日当たりの悪い外壁は湿度が高くジメジメしてるため、コケやカビが発生しやすいです。 塗料にはカビやコケの発生を抑える効果があるものもあり、その効果が薄れてきているサインです。   ⑥ひび割れ 地震などによる建物の揺れや、外壁材が膨張と収縮を繰り返すことでひび割れが発生します。 ひび割れには「ヘアークラック」と「構造クラック」の2種類があります。 ヘアークラックは髪の毛くらいのひび割れで塗膜にできたひび割れですが、構造クラックは外壁材までひび割れが 発生していることもあるため注意が必要です!   ⑦鉄部の錆 外壁や屋根だけではなく、鉄部も同じように劣化し錆などの劣化症状が見られるようになります。 鉄部の錆を放置してしまうと腐食してしまい穴が空いてしまうことも(>_<) 穴が空いてしまうと塗装だけでは解決できず、交換することになってしまいます。 鉄部は水や空気に触れると錆が発生してします。   ⑧外壁や屋根の反りや浮き 外壁材や屋根材に反りや浮きが発生すると、その隙間から雨水が浸入して雨漏りの原因になる可能性があります。 そのまま反りや浮きが進行してしまうと割れてしまうことも(>_<) 外壁からの雨漏りも実は多いので、反りや浮きがないかチェックしてみて下さいね!   ⑨シーリングの劣化 シーリングとは目地と目地のつなぎ目にあるゴム状のものです。 シーリングも紫外線や雨風の影響を受け、経年により劣化します。 シーリングは揺れによる衝撃を吸収したり、雨の侵入を防ぐ役割があります。ひび割れや隙間、痩せが見られたら注意が必要です。   ⑩塗膜の剥がれ 塗膜のひび割れが悪化すると塗膜がぺりぺりと剥がれてしまいます。 1度塗膜が剥がれてしまうと、周りもどんどん剥がれてしまいます。 塗膜が剥がれた箇所は紫外線、雨風が外壁材に直接ダメージを与えてしまい、建物の寿命が短くなってしまいます。 そのため、塗膜の剥がれが見られたら早めに外壁塗装を依頼しましょう!   ★清須市の施工事例はこちら★   外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年07月10日 更新

豆知識スタッフブログ

白い屋根と黒い屋根ではどのくらい温度が違うかについて

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   黒い服は暑い、黒い服は光を吸収すると聞いたことはありませんか? 黒い服はたくさんの光を吸収するため、その光が熱エネルギーに変化することで温度が上がるらしいです。 調べてみると、白い布と黒い布に直射日光を当てて温度を計測している記事がありましたがなんと黒い布と白い布の温度差は9℃以上でした。 こんなに差があるなんてびっくりですよね( ゚Д゚) 今回は、屋根に白と黒の遮熱塗料を塗った場合は効果にどれだけの差がでるのかについてご紹介します!   屋根の色で温度は変わる? 屋根の色は景観だけでなく、遮熱効果にも関わります。 黒い服は、光を吸収しやすく熱くなりやすいと先ほどご紹介しましたが、屋根や外壁の黒色も同様に熱くなります。 黒の遮熱塗料から白い遮熱塗料に塗り替えたところ、表面温度は19℃、屋根裏温度は12℃も下がったというデータがあります。 かなりの温度差があるので屋根に白い遮熱塗料を塗ることで、冷房代の節約にもなりますね(^^♪   遮熱効果が期待できる白い屋根のメリット・デメリット メリット ①遮熱効果が高い 遮熱塗料は、塗ると太陽光を反射するので室内を適温にしたり、冷房代節約もできる機能性塗料です。 遮熱塗料は太陽の光を反射して温度を下げ、白は反射効率が最もいい色のため効果を最大限に発揮できます。 白っぽい明るい色ほど光を反射するため遮熱効果が高まります。 日当たりが良いお家や、冷房代を節約したい方には白い遮熱塗料での塗装をオススメします(^^)/   デメリット ①汚れが目立つ 外壁で白い外壁に憧れている方は多いですよね。 しかし、汚れが目立ちやすいからという理由で諦める方も多いです。 砂埃などが黒や茶色系の色のため、正反対の白い外壁や屋根、車も汚れが目立ってしまいます。 車のようにすぐに洗えるわけでもないので、汚れが目立つのが嫌な方には白と黒の中間色のグレーがオススメです。 白でも真っ白ではない、オフホワイトは真っ白よりは汚れが目立ちにくいためオススメです(^O^)   ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★屋根塗装の施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年07月09日 更新

豆知識スタッフブログ

台風が与えるお家への影響とは?台風前にできる対策について

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   気温が上昇してくると心配なのが台風!夏から秋にかけて沢山の台風が日本へ上陸しますよね。 近年では地球温暖化の影響で海水温が上昇し、台風の勢力が強いまま上陸することも多いです。 今回は台風が与えるお家への被害や、台風前に確認しておくべきポイントをご紹介します(^O^)   台風で発生するお家の被害について 風による被害 台風は、石などの細かいものや大型の台風の場合、自動販売機のごみ箱など大きなものまでも動かし、飛ばしてしまう暴風を伴います。 建物に石などの飛来物が衝突することにより、塗膜に傷や凹みが発生することがあります。 傷や凹みにより美観を損ねてしまうのはもちろんですが、塗膜の機能(防水機能)などが低下してしまうため、被害にあわれた場合は 早めに補修や塗装の依頼をすることをオススメします!   雨による被害 台風による暴風雨により塗膜が剥がれたり、瓦が飛んだりで建物内部に水が入り込み雨漏りが発生する可能性があります。 シーリングが経年により劣化し、痩せてしまい隙間ができてしまっている場合や外壁や屋根材のひび割れから雨漏りを 引き起こすこともあります。 雨漏りは建物内部の腐食を進めたり、シロアリの発生原因になります。雨漏りした場合は早めの工事依頼をオススメします。   台風が来る前にやるべきこと 外壁・屋根の状態をチェック 外壁と屋根の状態をチェックするのは、台風対策として重要なポイントです。 屋根の釘浮きや外壁のクラック(ひび割れ)など、見かけた場合は補修を依頼することをオススメします。 プロの業者に、お家の無料点検をしてもらうとご自身では見つけられなかった劣化も見つかり安心できると思います(^^)/ 大和創建では、無料診断と無料の診断書をお渡ししています。お気軽にお問い合わせください!       ベランダやバルコニーの掃除 実はベランダやバルコニーからの雨漏りも多いんです。 排水溝周りやベランダを台風前に掃除をしておくことで、排水溝の詰まりによる雨漏りのリスクを減らすことができます。 意外と風により、チリや土が溜まっていることが多いです。掃き掃除が効果的ですよ~!   敷地内のものを片付ける 敷地内にある、物干し竿やプランターなど飛ばされる恐れがあるものはなるべくお家の中へ片付けておきましょう! 飛ばされて、外壁や屋根や付属部分の損傷する可能性もあり、危険です。 ★清須市の施工事例はこちら★ ★外壁塗装の施工事例はこちら★ ★屋根塗装の施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年07月08日 更新

豆知識スタッフブログ

お家の雨樋にこんな症状ありませんか?

こんにちは! 清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日は七夕ですね✨ 毎年、雨や曇りで天の川が見えないイメージが強いですが、 今年は織姫と彦星会えるといいですね☆彡   さて、雨というと活躍するのが雨樋です。梅雨の時期は大活躍しますね! 雨樋は、水の侵入により建物が腐食するのを避ける役割があります。 建物に降った雨水をスムーズに集め、排水口へと排水します。   雨樋も外壁と同じように、紫外線に晒されていますので、劣化しますので、 外壁塗装と一緒に塗装で補ってあげましょう。 塗装だけではカバー出来ない時は、交換が必要です。 こんな症状はありませんか? ・雨樋のゆがみ、たわみ ・雨樋の詰まり ・雨樋の脱落 ・支持金具の曲がり ・集水器の割れ ・集水器のズレ 雨樋は、軒樋や集水器部分に劣化症状が出やすいと言われています。 上記のような症状が見られたら、交換をオススメします。 雨樋は高い位置にあるため、普段は見えにくいですよね(>_<) 雨樋の中には、泥やホコリなどが溜まっていたり、カビやコケが発生すると、 雨水の排水が上手く出来ずに溢れ返り、雨漏りが発生します。 また、近くに大きな木がある場合も、枯れ葉が雨樋の中に入り、詰まらせてしまいます。 掃除や落ち葉よけネットなどで解決できますが、放置しておくと歪みなどの原因になります。   他にも積雪が原因で歪む事もあります。 屋根からの雪が落ちてきて、雨樋が雪の重みに耐えられず、歪みや金具が外れてしまうケースも。 雨樋が歪むと、そこの箇所から雨水が落ちてくるようになります。 軒樋と隣の敷地が近い場合は、近隣の方へ迷惑をかけてしまうこともあります。     自然災害が原因での雨樋の歪み、たわみなどは、火災保険が適用される場合があります。 加入している保険内容にもよりますが、雨樋交換費用が賄える事もあります。 大雪で雨樋が壊れたという方は、お問合せください! 申請までサポートさせてもらいます(^^)/     ★清須市の施工事例はこちら★     外壁塗装・屋根塗装なら弊社 大和創建にお任せください!! 詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック 2021年07月07日 更新

豆知識スタッフブログ