塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ - 豆知識 blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

外壁塗装の際の水洗い機!防音型と節水バケツを使用しています。

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日は、水洗いについて紹介したいと思います♪ 弊社の高圧洗浄機は近所の方にご迷惑がかからないように防音型のものを使用しています。 音が静かなので、住宅密集地でも気にせずに作業が出来ます。   高圧洗浄機は、水道と洗浄機本体を直接繋いで水を噴出するわけではなく、 バケツやタンクに高圧洗浄用の水を溜めておき、そこから機械で水を吸い上げます。 そして機械の内部で圧縮し発射するというしくみになっています。     なぜ、水道に直接繋げないのか? というと。。。 水道に機械を直接繋いでも水の出が遅いので、高圧の水を安定的に噴出できないからです。 なので、高圧洗浄用の水をためる時は、バケツやタンクに水道から水を出しっぱなしにしている事があります。   出しっぱなしだと水がもったいないですよね( ;∀;)   バケツに水が溜まるたびに水を止めて、また出すという事も出来ますが、 そうするとかなりの手間と時間がかかり、効率が悪くなって作業時間が伸びてしまいます(>_<)   そこで、弊社は自動的に水が止まるバケツを使用しています(^^)/   一定のところまで水が溜まると自動的に止まり、水が少なくなるとまた水が出る仕組みになっています。 お客様のお宅のお水を使わせてもらうので、節水を心がけています♪       外壁塗装・屋根塗装なら弊社、 株式会社大和創建にお任せください! 大和創建のショールーム来店予約 こちらからクリック         ⇓       無料診断・お見積りは、こちらからクリック https://yamato-souken.co.jp/contact/ 2020年01月25日 更新

豆知識スタッフブログ

自分のお家の外壁材について知っていますか?

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   お家の外壁って色んな種類がありますよね!最近の外壁材は色や柄のバリエーションにも富んでいます。 今日は、よく使われている外壁材についてご紹介します♪     窯業系サイディング セメントや繊維質、無機物からなる板状の外壁材です。これらを壁に貼り合わせていくと外壁になります(^O^) パネル同士の隙間はシーリングで埋めます。雨水の侵入を防いだり、衝撃を吸収する役割があります。 デザイン性の豊富さや比較的安価で施工出来ることから、最近はサイディングのお家が最も多いですね! 新築の7割が窯業系サイディングと言われています。 劣化の症状としては、ひび割れや、チョーキング現象、塗装してある場合は塗膜の剥がれや膨れなどがあります。   ALC外壁 Autoclaved Lightweight aerated Concreteの略で、軽量気泡コンクリートで出来ています。 普通のコンクリートの3分の1の重さです。窯業系サイディングと同じようにパネル状のものを 貼り合わせて外壁にしていきます。こちらもパネル同士に隙間が出来ますのでシーリングで埋めます。 旭化成建材さんのヘーベルハウスから職人さんなどはヘーベルと呼んだりもします。   モルタル 1980年代まで主流の外壁材でしたが、現在は施工に手間がかかるためあまり使われなくなってきています。 モルタルは、セメントと砂と水を練り合わせて作られたもののことを言います。 そのモルタルを外壁部に塗りつけて土台となるモルタル壁が出来上がります。 そこへ塗料を様々な大きさにして吹き付けたりしてモルタルの外壁が完成します。4種類ありそれぞれ質感が異なります。   まだ他にも外壁材はありますが、主要な3つをご紹介しました! 皆さんのお家の外壁材はありましたか(*´▽`*)?   外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/                       2020年01月22日 更新

豆知識スタッフブログ

清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

こんにちは(^^)/塗料とは?遮熱塗料についての説明をしていきたいと思います。   遮熱塗料って聞いたことありますか??? 今日は、遮熱塗料についてお話します(^^)/   遮 熱 塗 料 と は ? 太陽光の熱を反射して外壁や屋根の表面温度を下げることで室内の温度まで下げることができる塗料です。   遮 熱 塗 料 の メ リ ッ ト 1遮熱効果がある夏の熱い太陽光を跳ね除けてくれますので、猛暑のような夏でも太陽光の影響を妨ぐ事ができ、 その温度差は2~3度程度と言われています。   2節電効果がある遮熱効果により室内温度を低くさせるので、光熱費の節約が出来ます。   3塗膜の寿命が長い費用は割高ですが、普及品の塗料と比べて1.5倍~2倍に伸ばす事が出来ますので、 メンテナンスの手間を考えるととても理想的な塗料です。   4屋根の外壁の寿命が長くなる熱による素材への影響を低くさせることができ、寿命を長くする事が出来ます。   5黒色の建材の熱上昇を抑えることが出来る黒のような濃い色合いでも高い遮熱効果を発揮するので、建材の熱上昇を抑える事に繋げることが出来ます。   6ヒートアイランド現象の抑制建物に蓄えられた熱は外部へ熱放射として発してしまいますので、建物周辺の温度も上がり、 ヒートアイランド現象の原因の一部となっておりますが、遮熱塗料の効果で建物に蓄えられた熱を 少なくさせることが出来るため、ヒートアイランド現象の抑制に繋げる事が出来ます。   7施工時に補助金の給付ができる場合がある遮熱塗料を使う事でCo2増加に歯止めを効かせる事が出来るため、省エネ住宅にリフォーム出来るという事で 補助金を給付する制度があります。     遮 熱 塗 料 の デ メ リ ッ ト 1価格が高い需要と供給がまだまだ少ない材料なので、価格が高い傾向があります。   2塗膜が汚れると遮熱効果が発揮しにくい塗膜塗料の遮熱効果は、塗膜の表面が綺麗であることで高い遮熱効果を発揮するので、 塗膜の表面が汚れていると反射しにくくなり、遮熱効果が低くなってしまいます。   3材料が扱いにくい遮熱塗料が扱いにくい材料であり、施工を行う職人さんの間では塗りにくい材料と言われています。 その為、施工にムラが発生してしまう事もあり、万度な塗膜とならない事もあります。   4冬場の遮熱効果は建物の温度を低くしてしまう事がある冬場に遮熱効果で赤外線を反射してしまうと、微分ですが建物が冷えてしまうことがあります。 そのため夏が暑い地域には最適な塗料ですが、冬が長く厳しい地域にはあまり適していないでしょう。   5色によって効果の発揮の仕方が違う遮熱効果は熱の反射ですので、色合いによりその効果に違いが発生してしまいます。 白やクリーム系は遮熱効果が高く、茶色、黒等の色は熱反射率が低くなってしまいます。   いかがでしたか? シリコン塗料について フッ素塗料について 無機塗料について こちらも読んでみてくださいね(^^)/     外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/         2020年01月21日 更新

豆知識スタッフブログ

シーリングとは?こんな劣化の症状ありませんか?

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   外壁塗装をする際に、シーリング、コーキングなどよく聞きますが、実際にどういった役割があるか 知っていますか? 今日は、シーリングにいて書きたいと思います!   現在、外壁材で1番使われているものが、窯業系サイディングというものです。 サイディングのボードとボードの隙間に埋めてあるゴム状のものがシーリング(コーキングとも言います)です。 シーリングの役割は、隙間から水や汚れが浸入しないためと、地震などの揺れで外壁にヒビが入らないように 衝撃を吸収する役割があります。   シーリングの劣化の時期は? だいたい3~5年経つと劣化してきます。 紫外線に当たると劣化が早まります。場所によって異なりますが、だいたい10年が打ち替えの目安です。   シーリングの劣化の症状 シーリングの痩せ   シーリングのひび割れ   シーリングの欠落 皆様のお宅のシーリングはこういった症状は出ていませんか? 確認してみてくださいね!   シーリングにも種類があります。 よく使われるのは、ポリウレタン系と変性シリコン系です。 弊社ではオート化学さんのオートンイクシードを使っています。 耐用年数15年超えの圧倒的な寿命です! 一般的なシーリングは7~8年が寿命ですが、オートンイクシードは2倍!!! また豊富なカラーバリエーションもあります(^^)/   オートンイクシードについては、また今度詳しくお話しますね(^O^)   外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/   2020年01月19日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁塗装に適した時期は?いつがいいの?

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   毎日寒いですね!暖房がかかせません(>_<) この時期によくある質問で、今の時期は外壁塗装って出来るの?と聞かれることがあります。 雪が積もってしまうと塗装は出来ませんが、寒くて塗装の品質が下がるなどはありませんので安心してください。 塗装出来ます(^^)/ 塗装は、気温5℃以上、湿度85%以下でないとできないのですが、 気温5℃以下は、冬の朝晩に多いので作業時間の昼間は基本的に塗装可能です。 湿度85%とは雨が降っている状態なのでわかりやすいですね!     では、外壁塗装にベストな時期っていつなの?   春と秋がベストシーズンと言われています。 気温が安定しており、空気が乾燥していて塗料の乾きが早いからです。 しかし、デメリットもあります。   季節ごとに、メリット、デメリットを紹介させて頂きますね! 春 メリット 気温、湿度ともに安定し、塗料の乾きも早い。 デメリット 春雨前線で雨になり工期が伸びる可能性がある。   夏 メリット 日照時間が長く作業時間が長くとれる。気温も高いので乾燥しやすい。 デメリット 外壁塗装中は窓を開けられないのでエアコン必須。   秋 メリット 気温、湿度ともに安定し、塗料の乾きも早い。特に晩秋はベスト! デメリット 台風や秋雨前線で工期が伸びる可能性がある。   冬 メリット 外壁や屋根が熱を持たない。乾燥している為、塗料が乾きやすい。 デメリット 日照時間が短い為、作業時間が短くなる。積雪があると工期が伸びる可能性ある。   どの季節にもメリット、デメリットがありますので、100%安心な時期はありません。 また春と秋は人気な季節なので、希望の日程が埋まってしまうこともあります。 早めに業者に見積もり依頼をするのがオススメです。 相見積もりなどを何社かとると意外と時間がかかってしまいますので、春の塗装を希望する方は、 今のうちから動き出してもいいと思います(^O^)   塗装をお考えの方は、大和創建にもお見積りさせてくださいね! お家に合ったご提案をさせて頂きます!ご連絡お待ちしています(^^)/   外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/           2020年01月17日 更新

豆知識スタッフブログ

お家の修理に火災保険が使えるって知っていますか?

お家の修理に火災保険が使えるって知っていますか?

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日は、火災保険についてお話します♪ 火災保険というと火事に対する被害しか使えないと思っている方も多いと思いますが、 自然災害での被害にも適用されます(^^)/   例えば・・・ 強風で屋根瓦が飛ばされてしまった 強風で外壁材が剥がれてしまった 雪で雨樋が歪んでしまった など、風害、雪害での被害で火災保険が適用されます。 大雨による浸水被害は水災のオプションがないと補償がおりない場合が多いですが、 風災はほとんどの火災保険で基本契約に含まれていますので、一度ご自身のご加入の火災保険を確認してみてくださいね!   <火災保険が適用されないケース> ・経年劣化 ・初期不良 自然災害が直接の原因になった場合に限ります。 新築時の初期不良は瑕疵担保責任保証で建てた会社に無償で直してもらえます。     火災保険を使いたい場合は、保険会社に申請をします。 その時に必要になるのが、 被災箇所の写真と修理の見積書です。 修理業者にも連絡をし見積もりを依頼しましょう。   <おおまかな流れ> 保険会社、修理業者に問い合わせする ⇩ 保険申請の書類を保険会社へ提出する 必要書類は保険会社から送ってもらえます ⇩ 保険会社の鑑定人による現場調査 (写真で判断できれば見に来ないことも) ⇩ 保険金の支払い 適用であれば口座に振り込まれます   火災保険は、車の保険のように使ったからと言って保険料はあがりません。 3年までさかのぼって申請できますので、台風で被害にあった箇所などがありましたら 申請をオススメします。 先日工事させて頂きましたI様邸は、火災保険にて7割程賄えました(^^)/   外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/             2020年01月15日 更新

豆知識スタッフブログ

失敗しない屋根塗装の色選び!ズバリ人気な色は?

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日は成人の日ですね! 新成人の方おめでとうございます(*´▽`*) 20歳!戻りたいですね( ;∀;)   昨日のブログで屋根塗装の色選びについてお話しましたので、今日は屋根塗装の人気色についてご紹介します!   ブラック ブラックの屋根は、汚れが目立ちにくいことから人気があります。 重厚感があり、色々な色の外壁とも合うお色です。   グレー 汚れが目立ちにくく、黒色より遮熱効果が高いことから、最近では人気があります。 新築のお家でもグレーの屋根が採用されることも多いです。 和風でも洋風でも合うお色です。   ブラウン 温かみがあり、落ち着いた印象のブラウン。長年人気があります。 ベージュの外壁との相性も良く、ブラウンの色合いによっても雰囲気が変わります。 外壁との調和が取りやすく、タイルなどとの相性もバッチリです!   グリーン 遮熱効果も期待できるグリーン系。ここ最近、人気があがってきました。 自然を連想するお色で、白やベージュとの相性も良いです。     避けた方が良い色はホワイト系、原色系です( ;∀;) ホワイトは、やはり汚れやすい事と反射光で隣のお家に迷惑がかかる可能性があるので 避けた方が良いです。 (傾きの少ない汚れが見えないトタン屋根では採用されることも)   また色味の強い原色系は、経年劣化により色褪せやすいです。 特に屋根は紫外線が直接当たるので余計に劣化しやすいですね( ;∀;) しかし、原色系でもブルーも人気があります。 こまめに塗りなおす方や、高耐久の塗料を使う方などに向いていますね。   なかな具体的な色が決まらない方は、こんな風にしたい!などのイメージで 外壁と一緒に色選びをするのはどうですか?   ドイツ風   北欧風   南欧風   英国風   赤毛のアンの家風   モダンな和風   いかがですか?? 気に入ったイメージはありましたか( *´艸`)? 参考にしてみてください♪   外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/                           2020年01月13日 更新

豆知識スタッフブログ

失敗しない屋根塗装の色選び!色選びのポイントとは?

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   以前に、外壁塗装の色選びについて書きましたので今日は屋根塗装の色選びについてお話します(^O^) 失敗しない外壁塗装の色選び① 失敗しない外壁塗装の色選び② 失敗しない外壁塗装の色選び③ 前回の記事はこちらからご覧くださいね(^^)/   屋根も色が変わるとお家の雰囲気に大きく影響します! 外壁や家全体とのバランスを考えて、塗ってからこんな色じゃなかったーとならないように 塗装したいですよね(*´▽`*) 和風か洋風かでも変わってきますので、色選びのポイントをお伝えします。       外壁や付属部分とのバランスに注意 外壁との色のバランスはもちろんですが、雨樋や破風、サッシなどとのバランスも重要です。 沢山の色を使ってしまうと落ち着かない印象になってしまいます。   街並みと調和する色 周囲の家と合うような色にしましょう。 あまりに奇抜な色や派手な色だと周りから浮いてしまい、クレームが出る恐れも( ;∀;) 市区町村によっては景観ガイドラインが定められているところもありますので、 塗装前に確認するといいですね!   面積効果に注意 人間の目の錯覚で、同じ色でも面積が違うと違う色に見えてしまいます。 小さい色見本で見るのと、実際に大きな屋根に塗ってみると違って明るく見えたりします。 太陽光と蛍光灯でも見え方が違ってくるので、それぞれ確認しましょう!   暗めの色を選ぶ 屋根は直射日光による色褪せや、汚れが明るい色ほど目立ちます。 暗めの色の方が、汚れが目立たちません。 明るい屋根のお家ってあんまり見ないですよね。   遮熱効果を考える 暗い方が汚れは目立ちませんが、遮熱効果には逆です。 屋根は直射日光が当たるので明るい色の方が遮熱効果は高いです。 しかし明るい色の屋根は、屋根の反射光が隣の家に差し込んでしまいトラブルになる こともあります( ;∀;) 最近は、遮熱効果もあり、汚れが目立ちにくいグレーの屋根が人気です(*'▽')   外壁塗装の色選びでも言える項目もありますね!やはりバランスが大事になってきます。 次は、屋根塗装で人気の色をご紹介しますね( *´艸`)   外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/               2020年01月12日 更新

豆知識スタッフブログ

外壁塗装の塗料について!大和創建のオススメ塗料を紹介します(^^)/

こんにちは(^^)/清須市・あま市・稲沢市・一宮市・津島市・江南市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。   今日は鏡開きですね(^O^) そして今日から三連休!皆さんどこかお出掛けしますか? お仕事の方は、頑張りましょー(^^)/   今日は、大和創建イチオシのオススメ塗料についてご紹介します。 わたしたちがよく提案をさせて頂くのが、KFケミカルさん、関西ペイントさんの商品です!   世界にはたくさんの塗料メーカーが存在していますが、日本のメーカーをオススメします。 なぜかと言うと、日本の塗料メーカーは日本の気候を知り尽くした上で塗料を製造しているからです。 四季があって湿度の高い日本の気候は、塗料の性能を保つには厳しい環境なんです。 そのため、日本メーカーの塗料は、気候への対応力も高く作業面での適性も考慮されています(^^)   フッ素、無機フッ素塗料はKFケミカルさんがオススメです! まだ認知度はあまりないですが、元々は日本ペイントさんの関連メーカーであり、フッ素、無機フッ素を専門に 作っている塗料メーカーです。   KFケミカルさんの無機塗料は、日本一苛悪な環境と言われる沖縄県宮古島で実証実験を行っています。 強い紫外線、雨風に野ざらしの状態で10年間経過しても高い光沢値と低いチョーキングが測定されています(^O^) ※セミフロンスーパーシリーズがKFケミカルさんの塗料です。   さらにKFケミカルさんは、無機を塗料化に成功し、特許を取得しています! 沖縄県で塗り替えて15年経った建物の実際の写真です。   塗料の製品保証が何に何年保証なのかを確認することが大事なポイントになります(^O^)     外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^)/     2020年01月11日 更新

豆知識スタッフブログ