塗装の豆知識やイベント等最新情報をお届けします塗装・塗り替えブログ blog

HOME > 塗装・塗り替えブログ > 豆知識 > 冬でも外壁・屋根塗装工事はできる?メリット・デメリット

冬でも外壁・屋根塗装工事はできる?メリット・デメリット

豆知識スタッフブログ 2022.01.12 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

1月も中旬に入り、冷え込みが厳しい季節になりましたね!

冬になるとお客様から、「冬でも外壁・屋根塗装工事はできるの?」とよく聞かれるので質問にお答えします(^O^)

本日は、冬でも塗装工事が行えるのかとメリット・デメリットについてもご紹介します。

 

冬に外壁塗装はできる?

結論からいうと、冬でも外壁・屋根塗装工事ができます。

冬は、晴れの日が多く空気も乾燥しているため、塗料が乾きやすい傾向があります。

しかし、雪や霜などがついている状態で塗装工事をしてしまうと、ムラが出来たり塗料が垂れてしまうため施工できません。

塗装ができない気候条件としては、「湿度85%以上、気温5℃以下」とほとんどの塗料メーカーが定めています。

湿度85%以上だと、湿度が高く塗料の乾燥が長くなり作業効率が落ちたり、希釈材が蒸発せずに結露が発生して仕上がりが

キレイにならないため塗装することはできません。

また、5℃以下で塗装できない理由は塗装しても乾燥、硬化しにくくなるため丈夫な塗膜を形成することができないからです。

逆にとらえると、気象条件をすべて満たしている日は塗装が可能と言えます(^O^)

 

冬に塗装するメリット・デメリット

メリット

・気象条件を満たしている日が多い

愛知県の冬は晴れの日が多く、空気が乾燥しているため塗料が乾きやすく塗装工事を行える日が多いです。

また、朝晩の冷え込みは厳しいものの日中になれば6℃以上になるため、外壁塗装に適しています(^O^)

しかし、降雪が続きやすい北海道や東北地方は冬の塗装工事は工期が延びてしまうため、塗装業者さんとよく相談してくださいね!

・予約が取りやすい

冬は、春や秋のリフォームシーズンと比べると人気がないシーズンのため比較的に予約が取りやすいです。

また、冬は長時間の換気をして過ごす方はあまりいないと思うため、窓が養生されてもストレスなく過ごせるかと思います。

窓の開け閉めが少ないと塗料のにおいが室内に入りにくいので、塗装工事中もストレスなしに過ごしたい方は、ぜひ冬の塗装工事を検討

してみて下さい(^^♪

タップして全画面表示を有効化または終了

デメリット

・工期が延びやすい

冬は四季の中で1番日照時間が短いため、どうしても作業時間が短縮してしまいます。

また、降雪があったり、気象条件が整わないとその日は工事を進めることができないため、工期は天候により左右されます。

塗装用ローラーのイラスト

 

★外壁塗装工事の施工事例はこちら★

★屋根塗装工事の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック