塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中(外壁・屋根)ブログ > 清須市で雨漏りしていた屋根の重ね葺き工事を行いました。(カ…

清須市で雨漏りしていた屋根の重ね葺き工事を行いました。(カバー工法)

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

前回、トタン塗装をご紹介した清須市W様宅屋根重ね葺き工事を行いました。

雨漏りがするとの事でお問合せを頂きました。

 

 

屋根重ね葺き工事とは?

カバー工法とも言い、既存の屋根を撤去せずに、重ねて新しい屋根を施工する事です。

古い屋根を剥がして処分する手間や費用が省けますので、葺き替え工事よりも

工期も短く費用も抑えることが出来ます(^^)/

また、屋根が二重構造になるので遮音性防水性などがアップします。

40年以上前の屋根や、かなり傷んでいる屋根、瓦屋根などの平でない屋根は

カバー工法は行えません。

 

施工前です。

カビ、コケなどかなり汚れ劣化が見られますね。

 

下地の状態が悪かったので、野地板(コンパネ)と言われる板を貼ります。

 

 

その上から防水シート(ルーフィング)を敷いていきます。

軒先から上に向かって敷き詰めます。

防水シートは最終的に屋根からの雨漏りを防ぐ、重要なシートです。

 

 

屋根材を葺いていきます。

こちらも軒先から順番に施工します。

最後に役物(金物や棟板金など)を取り付けて完成です。

 

 

今回使用した屋根材は、ニチハ横暖ルーフです。

断熱性遮熱性に優れており、遮音性も非常に優れた金属屋根材です。

軽量でスレート瓦の約1/4の重さですので、カバー工法にも向いています。

 

 

★清須市の施工事例はこちら★

★外壁塗装の施工事例はこちら★

★屋根塗装ので施工事例はこちら★

★防水工事の施工事例はこちら★

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック