塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 屋根塗装でよく使われる遮熱塗料と断熱塗料の違いについて

屋根塗装でよく使われる遮熱塗料と断熱塗料の違いについて

豆知識スタッフブログ 2021.10.19 (Tue) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

屋根塗装で人気の「遮熱塗料」「断熱塗料」この2つの塗料の違いはご存知でしょうか?

どちらも省エネ効果が期待できると言われていますが、塗料の機能が異なります。

今回は、この2つの塗料の違いについて詳しくご紹介します(^O^)

塗料選びでお困りの方はぜひ参考にしてみてくださいね~!

 

①遮熱塗料の特徴

機能性塗料の1つの「遮熱塗料」は太陽光を反射する効果をもつ塗料です。

直射日光が屋根に当たると、熱エネルギーに変わるため室内の温度が上昇してしまいます。

太陽光を反射することで、表面温度を緩和させて室内温度を上昇しにくくした塗料が遮熱塗料です。

遮熱塗料は、夏の屋根の表面温度を7.3℃から7.8℃ほど抑制できると環境省の実験結果から分かっています。

遮熱塗料は、屋外の熱の侵入を抑える効果はありますが、寒さから建物を守る効果はありません。

 

 

②断熱塗料の特徴

断熱塗料は、太陽光の熱の伝導を抑える効果を持っています。

外壁や屋根に遮熱塗料を使用すると、熱伝導が伝わりにくく室内の温度上昇を抑えることができます。

それだけではなく、室内の暖かい空気を外に逃がさない効果もあるため1年を通して快適に過ごすことができます。

は熱伝導を抑え涼しく快適に、は室内の暖かい空気を逃さないので室内が暖かく快適に過ごすことができます。

遮熱塗料は断熱の効果はないので、1年中快適に過ごしたい方にオススメです(^O^)

 

いかがでしたか?

遮熱塗料と断熱塗料は室内の温度上昇を抑えるメカニズムや特徴が異なります。

塗料選びの参考にしてみて下さいね(^^♪

 

 

★清須市の施工事例はこちら★

★外壁塗装の施工事例はこちら★

★屋根塗装の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック