塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 平型化粧スレート(カラーベスト)の特徴と改修方法について

平型化粧スレート(カラーベスト)の特徴と改修方法について

豆知識スタッフブログ 2021.10.06 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

近年、デザイン性や施工性の高さから多くの新築住宅の屋根材として採用されている平型化粧スレート」という屋根材を

ご存知でしょうか?カラーベストやスレート屋根と呼ばれることもあります(^O^)/

今では多くの住宅で採用されているカラーベストですが、どんな改修方法はあるかご存知ではない方がほとんどだと思います。

今回はカラーベストの改修方法や特徴についてご紹介します~!

 

★屋根塗装の施工事例はこちら★

★清須市の施工事例はこちら★

 

カラーベストとは?

カラーベストとは、「平型化粧スレート」のことで、セメント、ケイ石を原料とし、繊維質で補強して成形される屋根材です。

瓦と重さを比較すると、瓦の半分以下の重量のため建物への負荷が少なく耐震性にも優れています。

カラーベストは材料が安価で、デザイン性、コスト面でも優れている屋根材です。

カラーベストの表面には工場で製造している際に塗装が施されていますが、ほどんどがアクリル塗料のため塗料自体の耐久性が

そこまで高くはありません。そのため、10年に一度、業者に見てもらうようにしましょう!!

 

カラーベストの改修方法

カラーベストには「塗り替え」、「カバー工法」、「葺き替え」この3つの改修方法があります。

 

◇塗り替え

一般的な改修方法の「塗り替え」は高圧洗浄で汚れを洗い流してから、クラックなどを補修してから「下塗り」、「中塗り」、

「上塗り」の3回塗りで塗装していく方法です。

新しい塗膜を形成して、防水機能を高めます。塗装し終わったら、「縁切り」や「タスペーサー」で屋根材と屋根材の間に

隙間を作ったら完成です(^^)/

    

 

◇カバー工法

カバー工法は、既存の屋根に新しい屋根を重ねる改修方法です。

塗り替えより金額は高くなってしまいますが、既存の屋根材の劣化が激しい場合などはカバー工法をオススメします。

カバー工法は、新しい屋根を被せるので新築のようなピカピカの屋根に蘇ります(^O^)/

   

★カバー工法の施工事例はこちら★

 

◇葺き替え

葺き替え工法は、既存の屋根を取り外して新しい屋根を設置する工法です。

カバー工法とは異なり、既存の屋根は取り外すため総重量が増えることはありません。

しかし、廃材の処理費や屋根の撤去費用がかかってくるため、屋根の改修工法の中で最も高額です。

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック