塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > ガルバリウム鋼板に塗装は必要なのかについて

ガルバリウム鋼板に塗装は必要なのかについて

豆知識スタッフブログ 2021.08.11 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

近年、建物の鉄部素材で「ガルバリウム鋼板」が広く使われるようになりました。

よく、「ガルバリウム鋼板はメンテナンス・フリー」言われていますが、実際は長持ちさせるために塗装が必要です。

今回は、「ガルバリウム鋼板」についてご紹介します。

 

「ガルバリウム鋼板」とは?

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で造られていてトタンと比べると耐久性が高いのが特徴です。

ちなみに「アルミ亜鉛合金めっき鋼板」とも呼ばれています。

従来のトタン屋根が10年から20年の耐久年数に対して、ガルバリウム鋼板は20年から30年ほど持つと言われています。

ガルバリウム鋼板に含まれている、アルミニウムの特徴の熱反射性・耐熱性・加工性・耐食性・防水性・重量性と、亜鉛の特徴

である防食作用により耐久性が優れています。そのため、雪の多い地方や、海沿いの住宅にも向いています(^^)/

 

 

ガルバリウム鋼板の劣化のサイン

「色褪せ」、「浮き」、「錆」の3つが主な劣化のサインです。

色褪せは表面の防水機能低下のサインで、浮きは隙間から水が入り込み「雨漏り」に繋がる可能性があります。

浮きが発生していた場合は、葺き替えやカバー工法を行うことがあります。

ガルバリウム鋼板はサビないと思われている方もいらっしゃいますが、「サビにくい」素材なだけでサビないわけではありません。

鉄部は水や空気にさらされると錆が発生し、放置すると腐食が進み、穴が空く可能性があります。

錆が発生した場合は、ケレン作業で錆を落としてから塗装を行います。

メンテナンスフリーと言われていますが定期的なメンテナンスが大切です(^^)/

 

ガルバリウム鋼板の塗装時期

表面に色褪せている箇所が見られたら一度、塗装業者に点検を依頼しましょう!

大和創建では、お見積りや現地調査無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいね(^^)/

塗り替えの目安は、10年から15年と言われています。

湿気の多い地域や、気象状況によってもメンテナンスのタイミングが変わってきますので、長持ちさせるためにも色褪せが

見られたら塗装を検討してみてくださいね(^^♪

 

★清須市の施工事例はこちら★

★外壁塗装の施工事例はこちら★

★屋根塗装の施工事例はこちら★

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック