塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁塗装の養生の役割、重要性とは??

外壁塗装の養生の役割、重要性とは??

豆知識スタッフブログ 2021.08.03 (Tue) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

外壁塗装の際に「養生」という言葉を聞くと思いますが、今日は養生の重要性について

お話させて頂きます。

引っ越しの時に家の中や家具が傷付かないように、段ボールや布を巻き付けたりしますが、

外壁塗装ではどういった役割があるのでしょうか?

外壁塗装での養生は、塗らない箇所を間違って塗るのを防いだり塗料の飛び散りを防ぐ役割があります。

作業前に養生しておくことで、塗る箇所と塗らない箇所が明確にわかりますので、作業がスムーズに進みます。

 

養生の必要な箇所

 

・足場

まず、足場を設置した際に、養生として飛散防止ネットで覆います。

近隣のお宅や車に飛散しないための対策です。

 

・玄関まわり、窓まわり

玄関ドアやタイル、ポストなど玄関まわりは塗装しない箇所が沢山あります。

玄関先はビニールで滑って転倒する可能性がある為、ノンスリップシートを使用します。

ドアは養生しても開閉できるようにしておきます。

 

・室外機や給湯器

給気口や排気口を塞がないように養生します。

エアコンや給湯器を使う場合は、養生をしたまま使っても問題ないかどうか業者に確認しましょう。

(異常着火や燃焼不良が発生する可能性があります。)

 

 

・車

家の隣や敷地内に車を停めている場合は、カーシートをかけます。

塗装工事中に外出する際は、取り外して車に乗ることも可能です。

 

・植木、花壇

プランターや植木鉢など動かせるものは、安全な場所に動かしましょう。

動かせないものは、枝などに注意して養生します。

呼吸ができずに枯らしてしまうことのないように、あらかじめ業者と相談しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

★清須市の施工事例はこちら★

★外壁塗装の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック