塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 1液型と2液型の塗料の違いとは?

1液型と2液型の塗料の違いとは?

豆知識スタッフブログ 2021.06.29 (Tue) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

外壁塗装の塗料には様々な種類がありますが、1液型2液型があるのをご存知ですか?

違いは、主剤に硬化剤を入れるか入れないかという塗料の使用方法です。

「1つの缶の液体だけで塗料として使う事が出来るのか」

「2つの異なる缶の液体を組み合わせて塗料として使うのか」で分類されます。

1液型とは?

サイディングやモルタルなどに塗装可能

主剤となる塗料だけで使用できます。

あらかじめ主剤に適量の硬化剤が混ぜられており、主剤が固まらない程度の状態キープしています。

 

1液型のメリット

・2液型に比べて価格が安い

・硬化剤を入れる手間がない

・余っても次の日使える

 

1液型のデメリット

・2液型に比べて耐久性が低い

・塗装できる素材が限られる

 

2液型とは?

サイディングやモルタルに加えてALCや金属にも塗装可能

主剤に硬化剤を混ぜて使用します。

主剤だけでは乾燥しないため、硬化剤は塗料を固めて乾燥させる役割があります。

また2液型は爆発的な科学反応を起こさせ、強力に接着し、より強く塗膜性能の高い外壁を形成します。

 

2液型のメリット

・1液型に比べて耐久性が高い

・様々な素材に塗装可能

・混ぜる前は保管しやすい

 

2液型のデメリット

・1液型に比べて価格が高い

・混ぜたらすぐに使わないといけない

 

総合的に見て、業者に依頼するなら2液型がオススメです~!

ご自身でDIYなどをする時は、撹拌の手間がない1液型がオススメですが、(一般的にペンキといわれるものは全て1液型です)

プロにお願いする場合は、耐久性の高い2液型でお願いしましょう!

 

 

 

 

 

★外壁塗装の施工事例はこちら★

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック