塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 葺き替え工事やカバー工法を検討するタイミングは?

葺き替え工事やカバー工法を検討するタイミングは?

豆知識スタッフブログ 2021.03.24 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

大和創建では、屋根葺き替えや、カバー工法のお見積り依頼、工事も承っております(^^)

最近はそういったお見積り依頼も増えてきました。

★清須市でカバー工法の様子はこちら★

 

では、塗装ではなく、葺き替えカバー工法検討するタイミングはいつでしょうか??

 

・屋根材の寿命を迎えた

経年劣化により、屋根材そのものの寿命や下地や防水シートが劣化してしまった場合。

屋根は、家の一番上にあるので、雨や風紫外線などの影響を最も受けやすいです。

そうした自然の影響をもろに受けることによって、日々経年劣化が進んでいきます。

・雨漏りが発生した

全ての雨漏りが葺き替えやカバー工法が必要なわけではありません。

被害箇所の部分補修解決出来る雨漏りもあります。

しかし、築年数も経ち、雨漏り修理をしても再発する場合は、屋根そのものに不具合があります。

雨水が侵入すると、柱や梁などに腐食劣化などのダメージを受けます。

また雨漏りは屋根からだけとは限りません。

外壁サッシまわりベランダなどからの可能性もあります。

 

現地調査にてしっかりと診断させて頂きます。

お客様のご予算ライフプランに合わせたご提案をさせて頂きますので、

是非お問合せください~(^^)/

 

 

 

 

★外壁塗装工事の施工事例はこちら★

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック