塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中(防水)ブログ > 東海市で屋上のアスファルト防水トーチ工法を行いました。

東海市で屋上のアスファルト防水トーチ工法を行いました。

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

本日は、以前よりご紹介していました東海市B様の現場です~!

★東海市B様 足場工事★

★東海市B様 注入工事★

★東海市B様 シーリング工事★

 

B様の会社のビルの屋上防水をさせて頂きました(^^)/

防水工事も色々と工法がありますが、今回はアスファルト防水トーチ工法で施工しました。

改質アスファルトシートの裏面にコーティングされたアスファルトを、トーチバーナーで炙りながら貼り付ける工法です。

 

これまで使われていたアスファルト防水工事(熱工法)では、でアスファルトを高温溶解させる必要があり、

におい危険性などの問題が起こっていました。(従来より施工されており100年以上の歴史があります。)

しかし、トーチ工法では、アスファルトルーフィング材をトーチバーナー溶着させるので、

などが発生しないので安全です。

 

施工前です。

経年で表面の劣化が見られます。

 

既存の立ち上がり防水撤去の様子です。

 

下地活性剤(リベース)を塗布し、乾燥させます。

 

アスファルトシートの裏面をバーナー炙りながら施工します。

この炙り加減が施工の良し悪しを決めるので、重要になってきます。

 

立ち上がり部分にアルミプレートを取り付け、コーキングで処理します。

 

 

トップコートを塗ったら完成です。

 

 

次はいよいよ、ビルの塗装の様子をご紹介しますね~!

お楽しみに~♬

 

 

★外壁塗装工事の施工事例はこちら★

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック