塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > ベランダや屋上の防水塗装の劣化症状とチェックポイントについて

ベランダや屋上の防水塗装の劣化症状とチェックポイントについて

豆知識スタッフブログ 2021.02.17 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

今回はベランダや屋上の劣化症状についてご紹介します(^^)/

最近、雨漏りのご相談の増えてきました。

ベランダや屋上の劣化をそのままにしておくと雨漏りの原因や建物内部の腐食に繋がります。

そうなる前にまず、お家のベランダや屋上のセルフチェックをしてみましょう!

 

ベランダや屋上の劣化する原因

ベランダや屋上は、紫外線や雨風にさらされ続けるため劣化しやすい場所です。

ベランダは洗濯物を干すスペースとして活用されている場合が多いため、歩いた時の摩擦などで塗膜がだんだん劣化していきます。

 

 

ベランダや屋上の劣化症状

・ひび割れ

   

外壁や屋根にも発生するクラック(ひび割れ)はベランダや屋上にも発生します。

防水塗装は下地(防水層)と表面(トップコート)に分かれています。

防水層までひびが入っている場合、雨漏りの原因になるため補修が必要です。

 

 

・色褪せ

色褪せは経年劣化や紫外線により発生します。

色褪せは防水機能の低下のサインでもあります。

 

 

・塗膜の剥がれや膨らみ

塗膜の膨れが見られる場合はクラック(ひび割れ)などから雨水が内部に浸水している証拠です。

雨水が蒸発する時に膨張が起き、塗膜の膨れが発生します。

 

 

・植物や苔・カビの発生

植物や苔は湿ったところや水がある場所を好みます。

本来、水はけがいいはずのベランダや屋上に植物が見られた場合は水はけが悪くなっている証拠です。

湿った状態が続くとトップコートが破断してしまい、防水層の劣化が早まる恐れがあります。

 

 

・水溜まりができる

排水溝(ドレン)にゴミが詰まっていてうまく排水ができず、水が溜まることがあります。

また、排水するために勾配がついていますが経年による歪みで水はけが悪くなることがあります。

排水溝に詰まっているものを除去することで解消するケースもあります。

 

いかがでしたか?

一つでも当てはまっている場合、防水塗装をおすすめします!

お見積り、ご相談無料ですのでお気軽にお問い合わせくださいね(^O^)

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック