塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中(防水)ブログ > 名古屋市北区でウレタン通気緩衝工法で屋上防水工事が完工しま…

名古屋市北区でウレタン通気緩衝工法で屋上防水工事が完工しました。

こんにちは!

名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

先日、ブログでご紹介させて頂いた名古屋市北区のT様邸の防水工事が完工しました~!

ウレタン通気緩衝工法です♪

前回、自着シート貼り込みまで終わりました!

 

脱気筒を設置します。

脱気筒は、防水層と下地の間に発生した水蒸気排気するためののことです。

水蒸気は上に逃げるため、勾配の高い位置に設置します。

屋上の下地には、雨や屋内の湿気水分を含んでおり、昼夜の温暖差や太陽の熱により水蒸気が発生します。

この水蒸気が防水層と下地との間に発生すると、防水層が膨らんだり、シワの原因になります。

そうなると下地との密着悪くなり、劣化の原因になります。

 

防水塗装1層目

ダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用しました。

 

防水塗装2層目

重ねて塗装して塗膜を形成します。

 

トップコートを塗布して完成です(^^)/

 

BEFORE

 

AFTER

とってもキレイになりましたね!

錆びていた室外機も撤去しました。

トップコートを5年毎に塗布して頂くと、長持ちします♪

 

 

★防水工事の施工事例はこちら★

★名古屋市の施工事例はこちら★

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック