塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 名古屋市南区でセメント瓦屋根の現地調査の様子です。

名古屋市南区でセメント瓦屋根の現地調査の様子です。

スタッフブログ 2020.08.03 (Mon) 更新

こんにちは!

名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

8月ですね!

長かった梅雨も明けましたね(^^)/

みなさん夏バテや熱中症に気を付けてくださいね~!

 

本日は、名古屋市南区H様邸屋根塗装現地調査の様子をご紹介します♪

南区は鉄道もJR、名鉄、地下鉄と通っており、幹線道路も沢山走っており、とても便利な所ですよね!

昔は低地は海だったそうですよ( ゚Д゚)

 

ではいきますよ~!

H様邸はセメント瓦です。

セメント瓦とは?

セメント川砂を主材料にした瓦です。

加工しやすいので様々な形があり、屋根や建物のデザインに合わせて選ぶ事が出来ます。

セメントが主なので表面に塗装をしないと、水分などが中に染み込んで劣化していってしまいます。

塗装で防水性を保っていますので、定期的な塗装必要です。

日本瓦より安価加工しやすい事から、かつては多くの住宅で採用されていました。

現在はあまり製造されていません。

 

 

塗膜が剥がれてしまっていました。

一度剥がれが始まると範囲もどんどん広がってしまいます。

 

瓦ズレが見られました。

築年数が経つと瓦が動きやすくなってしまいます。

瓦が動くと瓦同士の間に隙間ができて、雨水が入り込みやすくなります。

 

谷板金の劣化が見られました。

谷板金は雨の通り道なので雨漏り箇所になりやすいです。

板金が腐食して穴があく前塗装交換が必要になります。

 

クラックが見られました。

ヘアークラックでしたので、シーリングで補修します。

他にも汚れ、劣化等が見られました。

 

H様邸は屋根塗装工事をさせて頂く事になりましたので、

またその様子もご紹介させて頂きますね♪

 

 

★名古屋市の施工事例はこちら★

 

 

 

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック