塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 雨漏れは屋根だけではありません。代表的な雨漏れ箇所について

雨漏れは屋根だけではありません。代表的な雨漏れ箇所について

スタッフブログ 2020.07.29 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市・清洲で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

梅雨明けはまだみたいですね(>_<)

今年は特に雨が多かったにで、雨漏りのお問合せが増えています。

 

ですので、今日は雨漏りについてお話させて頂きますね!

雨漏りと言ったら、屋根からと思いがちですが、屋根以外にも雨漏れの可能性はあります。

 

 

 

◇代表的な雨漏り箇所

 

 屋根

家の一番高い所で雨風の影響を受ける場所のため、雨漏りの原因になりやすい箇所です。

症状:天井の染み、天井クロスの剥がれなどがあります。

原因箇所:棟板金の浮き、棟瓦のズレ、瓦の割れ、欠け、防水シートの劣化など

 

 窓まわり、サッシまわり

窓枠を伝って水が侵入しやすい場所になります。

症状:窓下の壁紙の剥がれ、窓枠から水が落ちるなど

原因箇所:窓と壁のコーキングの隙間、窓まわりのヒビなど

 

 ベランダ

ベランダは人が出入りする場所のため、床にほとんど傾斜がなく、水が溜まりやすいです。

症状:ベランダの軒天に雨染み、ベランダの下の部屋で雨漏りなど

原因箇所:ベランダ床面、笠木

 

 外壁

外壁からも水が侵入する可能性があります。

経年劣化で割れたり、外壁の部材の境目などは隙間ができやすいからです。

症状:壁紙が浮いてきた、部屋がかび臭いなど

原因箇所:釘まわりやコーキングのひび割れ、配管まわりの劣化

 

 

雨漏りが起こると、多くの場合は壁の内部天井裏等見えないところに浸入してきます。

そこからどんどん水が浸入し、色々なものを濡らしながら伝ってきて、壁紙天井などに到達します。

ですので、目に見えるところにシミが出来て、私たちが雨漏り気づいた時には、

すでに色々な場所濡らしています。

つまり、そのだいぶ前から雨漏りが起こっていたという事です。

 

壁紙天井の交換ですめばコストもそれほどかからないですが、建物内部まで腐食している場合には、

コストも跳ね上がってしまいます(>_<)

雨漏りを発見したらすぐに信頼できる業者に相談しましょう!

 

 

 

★清須市の施工事例はこちら★

 

 

 

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック