塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁の劣化症状!サイディングボードの反りとは?

外壁の劣化症状!サイディングボードの反りとは?

豆知識スタッフブログ 2020.06.27 (Sat) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

本日も外壁の劣化症状について書いていきます。

現在、お家の外壁で主流となってきている窯業系サイディングは、実は古くなってくると反ってしまいます。

反り浮きは外壁の劣化症状のひとつですが、一度反ってしまうと元には戻せません。

 

なぜ反ってしまうのでしょうか?

 

窯業系サイディングとはセメントを主原料とし、木質系繊維、混和材を混ぜて成型されたものです。

軽量火にも強いですが、水を吸い込んでしまうと弱くなってしまいます。

新築時は塗装されているので、防水機能が働いていますが、何年かして防水が切れてしまうと

水を吸い込むようになってしまいます。

窯業系サイディングに雨水などが染み込んでしまうと体積が膨張します。

そして表面が先に乾燥すると縮んでしまいます。

この膨張と縮みを繰り返しているうちに、反りや浮きという症状が出てきてしまいます。

 

 

反りが進行すると?

・隙間から雨水が入り込んでしまう

反りによって外壁に隙間が出来、水が入ってしまいます。

そうなると雨漏りの原因になったり、建物内部にまで影響を及ぼす可能性があります。

 

・部分張り替えが必要になる

一度反ってしまうと元には戻せませんので、ひどくなると張り替えが必要です。

しかし、サイディングボードはどんどんと新しいデザインや商品が出るので、10年以上経つと

全く同じものがない可能性があります。

そうなると一部だけ柄が違ったりしてカッコ悪い印象にもなりかねません(>_<)

 

 

反りを防ぐには?

防水機能が切れる前に塗装し、水を弾くようにする事です。

水分を吸って膨張、収縮しなければ反りは起こりません。

塗膜の防水が切れるタイミングを見逃さずに塗装する事が大切です。

定期的メンテナンスをしてあげる事が重要になります。

 

大和創建では、屋根、外壁の無料診断をさせて頂いていますので、

気になる事や箇所がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

 

★外壁塗装の施工事例はこちら★

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック