塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁が日焼けしてしまう原因とは?(;゜0゜)

外壁が日焼けしてしまう原因とは?(;゜0゜)

豆知識スタッフブログ 2019.06.26 (Wed) 更新

こんばんわ。清須市・稲沢市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

今日も暑かったですね)^o^(でも、明日の夜から、ずっと雨予報なので、現場が進めないのが、お客様に申し訳ないです(>_<)

さて、今日は、外壁が日焼けしてしまう原因について、お話をしたいと思います。

建物を雨漏りから守る外壁塗装ですが、その塗装の大敵となるのは太陽の紫外線です。

長年この紫外線を受けることにより塗料が劣化するようになり、やがてヒビ割れを起こして雨漏りの原因にもなります。

そしてその劣化は外壁塗装が日焼けすることによって進行することになります。

日光の中に含まれている紫外線は塗料の分子の結合を分解し、塗料を劣化させます。

建物の塗装は日当たりの良し悪しによって耐久性が大きく変化します。

建物の寿命を延ばすためにも、定期的に再塗装を行っておくことは大事なこととなります。

また、アップしていきたいと思います。

外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!

詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^