塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁の劣化による兆候について

外壁の劣化による兆候について

豆知識スタッフブログ 2019.05.25 (Sat) 更新

こんばんわ。清須市・稲沢市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

今日は、外壁の劣化の兆候について、お話をしていきたいと思います。

外壁の劣化というのは一般の人でも簡単に見分けることができる診断方法があるので、劣化の兆候が見受けられた時にはすぐに専門家に相談をするようにしましょう。 まず、一目見てわかるものとしては塗装が剥がれていたり亀裂が入る、膨らみがあるといったものでこれはだれでも目で見てすぐに分かるものとなっていますから、塗装をしてから何年も経過しているような場合には、このような兆候が現れていないかぐるりと家の周りを回ってみるとよいでしょう。 次に外壁の劣化を示すサインとしてはチョーキング現象というものがあり、外壁を手で触ってみて手に壁の色の粉が付く場合も塗装が劣化をしている状態ですので、目で見て問題がなさそうであってもチョーキング現象が起きたときには塗替えを検討する時期が近いということになります。 外壁にコケやカビが生えるのも劣化の症状の一つであり、建物を保護する機能が低下していることのあらわれなのでこの場合にも、そろそろ塗り直しを考える必要があります。

お家の周りを見て、一度ご検討してみてください。カラーシュミレーションもしておりますので、色んなご提案させていただきますので、お気軽にショールームにもお越し下さい!!(^-^)/

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!

詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^