塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中(外壁・屋根)ブログ > 清須市で外壁塗装工事が始まりました。足場と水洗いと施工前の様子。

清須市で外壁塗装工事が始まりました。足場と水洗いと施工前の様子。

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

清須市S様邸の外壁塗装工事が始まりました~(^O^)

本日はS様邸の足場工事と水洗いと、現地調査の様子をご紹介します!

★清須市の施工事例はこちら★

 

工事の様子

まず最初に足場を組み立てます。

足場の主な役割は、作業効率の向上・作業員の安全性の確保の2点です。

足場を覆うようにかかっているシートは塗料飛散防止シートと呼ばれるシートで、汚れや塗料が飛散するのを防ぎます。

 

次に高圧洗浄機にて水洗いを行います。

外壁や屋根は外的要因により、だんだんホコリや砂、排気ガス汚れや黒ずみ、カビやコケが発生するようになります。

そのような状況で塗装工事をしても外壁と塗料が密着せず、汚れと塗料が密着してしまうため早期剥がれの原因になります。

丁寧にすみずみまで、高圧洗浄することで塗膜を長持ちさせることができます(^O^)

 

施工前の様子

シーリングひび割れ

経年によりシーリング材が劣化してひび割れが発生しています。

シーリングには建物に水が浸入しないようにする防水機能と、建物の揺れを吸収して外壁材がぶつかりあって割れることを防ぐ役割があります。

ひび割れを放置してしまうと、その部分から雨水が浸入して雨漏りの原因にもなるため、シーリングの打ち替え工事を行います。

 

チョーキング現象

塗膜がチョーキング現象(現象白亜化現象)が発生しています。

紫外線により、塗膜が分解されて塗料に含まれる顔料が表面に出てきてしまう劣化症状で、外壁に触れると白い粉が付着します。

チョーキングの粉を高圧洗浄で良く洗い流してから塗装作業に入ります。

 

樋バンド錆

樋を固定しているバンド部分が経年によりが発生していました。

鉄部は水や空気にさらされると化学反応が起こり錆が発生してしまうため、ケレンして錆止めを塗布してから塗装を行います。

 

コケ

経年により塗膜の防水機能が薄れたり、日が当たりにくい北側はカビやコケが発生しやすいです。

高圧洗浄機で苔や汚れを丁寧に除去します。S様邸の苔は高圧洗浄機でしっかりと除去出来ましたが、苔が酷かったり、汚れが

目立つ場合は「薬品洗浄」(バイオ洗浄)というコケやカビを根こそぎ除去することができる洗浄方法を行います。

この方法は、薬品といっても植物由来の成分を使用しているため、安心で環境に優しいです。

 

今回はここまで(^O^)

次回はシーリング工事をご紹介します!

★外壁塗装工事の施工事例はこちら★

★屋根塗装工事の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック