塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中(外壁・屋根)ブログ > 清須市のアパートでガスケットからオートンイクシードに打ち替え工事を行いました。

清須市のアパートでガスケットからオートンイクシードに打ち替え工事を行いました。

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

清須市のKアパートの外壁塗装工事が進んでいます~(^^)/

前回、足場設置と水洗いをご紹介しましたので今回はシーリング工事をご紹介します。

前回のブログはこちら⇓

★清須市Kアパート 足場・水洗い★

 

Kアパートのシーリング施工前の様子

サイディングボードの目地と目地の間にある黒いゴム状のものが剥がれてしまっています。

サイディングボードで出来ている建物は、目地から雨水が入らないようにするため「シーリング」または「ガスケット」が打設されています。

シーリング                  ガスケット

   ソース画像を表示

ガスケットは主に、大手ハウスメーカーで建てたお家で使用されていることが多く、Kアパート様も「ガスケット」が使用されていました。

ガスケットが剥がれてしまって、建物の防水機能が低下しているためこのままにしてしまうと雨漏りが発生してしまいます(>_<)

シーリングもガスケットもひび割れや剥がれが発生すると、機能を発揮することができないためシーリング工事は必要です。

 

シーリング工事

まず、既存のガスケットを撤去します。

ガスケットは30年ほど耐久性があるものが多く、ガスケットの劣化が深刻でなければ上からそのまま塗装する業者もいるみたいです。

Kアパート様のガスケットは剥がれが発生し劣化していたため、撤去します。

 

次にシーリングプライマーを塗布します。

プライマーを目地にしっかりと塗布することでシーリング材の密着性が高まります。

プライマー不足だと、シーリング材の剥がれが発生してしまうため均一に全体に塗布します。

 

次にシーリングを打設します。シーリング材は高耐久の「オートンイクシード」を使用しています。

オートンイクシードは、30年以上の耐候性があると言われているシーリング材なんです(^^)/

 

打設したシーリングを専用のヘラで押さえます。

シーリング材を打設しただけでは、中に空気や隙間があり密着性が十分ではありません。

押し込むようにして、表面も整えていきます。

ヘラ押さえは、仕上げ作業でもあるのでキレイで高耐久のシーリングになるように押さえます。

 

養生のために付けていたマスキングテープを撤去したらシーリング工事完了です。

とてもキレイになりましたね(^^♪

 

大和創建では、研修を受けたオートンイクシード認定施工者がシーリング施工を行っています。

また保証も充実しており、自社保証メーカー保証の安心のw保証です!

ぜひ、シーリング工事も大和創建にお任せください~!!(^O^)

ご相談、お見積り、現地調査無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

★外壁塗装の施工事例はこちら★

★防水工事の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック