塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > ALC外壁とは?メリット・デメリットを紹介します。

ALC外壁とは?メリット・デメリットを紹介します。

豆知識スタッフブログ 2021.12.19 (Sun) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

外壁材には色々な種類がありますが、外壁材に合わせたメンテナンスをする事が大切です。

本日はALC外壁についてご紹介します。

 

ALCとは?

ALCは高温高圧蒸気養生でつくられる軽量気泡コンクリート(Autoclaved Lightweight aerated Concrete)

のことで、珪石・セメント・生石灰・アルミニウム粉末を主原料としています。

板状に成形したものは「ALCパネル」と呼ばれ、幅広く使われています。

モルタル外壁のように現場で仕上げるのではなく工場で生産されることから、

デザインや寸法、性能の品質が一定しているのが特徴です。

 

ALCは1920年代にスウェーデンで開発されて以来、ドイツやオランダなど、ヨーロッパを中心に

世界的に発展してきた歴史ある建材です。日本に導入されたのは1962年。

今や超高層ビルから一般住宅にいたるまで、現代建築に欠かせない材料として位置づけられています。

 

 

 

ALCのメリット

・耐久性が高い

ALCパネルの内部には、鉄筋マットやスチール製の金網が補強材として組み込まれています。

補強材を外壁、間仕切壁、床、屋根など使用部位に応じて配筋することで、使用上十分な強度を発揮します。

 

・断熱性に優れている

ALCは内部に無数の気泡を含んでおり、この気泡が空気の層を作っています。

熱伝導率は通常のコンクリートの10分の1とされているため、夏は涼しく、冬は暖かい住宅環境が

作りやすくなります。

 

・耐火性が高い

耐火性・防火性に優れ、火に強いのがメリットです。

主原料が無機質であるセメントやケイ石などであるため、炎や熱を受けたとしても燃えにくく

有害物質が発生しません。

 

ALCのデメリット

・防水性が低い

主成分がセメントであるため、吸水性が非常に高い素材です。

内部の気泡に水が浸透すると膨張やひび割れが起こる可能性もあるので、

防水性の高い仕上げ材で保護する必要があります。

 

 

 

 

 

★外壁塗装の施工事例はこちら★

★清須市の施工事例はこちら★

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック