塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 屋根塗装で大切な工程の縁切り。縁切りの役割とは?

屋根塗装で大切な工程の縁切り。縁切りの役割とは?

豆知識スタッフブログ 2021.10.03 (Sun) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

現在もっとも普及していると言われているスレート屋根

外壁と同じように屋根も劣化していくので、長持ちさせるためにも定期的なメンテナンスが大切になります。

しかし、塗装の時のある工程を忘れてしまうと雨漏りに繋がることをご存知でしょうか?

そのある工程というのが「縁切り工法」または「タスペーサー工法」という工程です。

この2つの工程の目的は同じで、屋根塗装で重要となるので今回は「縁切り」についてご紹介します(^O^)

 

縁切りやタスペーサーの役割とは

弱い雨のときに屋根内部に雨水が入ってくることは滅多にありませんが、横殴りの強い雨が降った場合は、水が入り込んでしまう

ことがあります。

雨水が入り込んでしまった時に、雨水や湿気の出口がないと屋根内部に水が溜まって雨漏りする可能性があります。

そうならないために、湿気や雨水を逃がすための隙間を「縁切り工法」または「タスペーサー工法」で開けています(^O^)

 

縁切りを行うことで、雨漏りのリスクをなくして内部結露も防ぐことができます。

塗装するだけの屋根塗装でも見た目はキレイですが、雨漏り発生の可能性がかなり高いです。

見積もりの段階で、屋根塗装をする場合は、「縁切り工法」または「タスペーサー工法」のどちらかが書かれているか

確認するようにしてくださいね(^O^)

もし、書かれていない場合は納得いくまで説明をしてもらうと安心だと思います。

見積書のイラスト

 

大和創建は、お見積りやご相談無料ですのでお気軽にお問い合わせください~(^^♪

 

 

★外壁塗装の施工事例はこちら★

★屋根塗装の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック