塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁塗装で使う微弾性フィラーとは??

外壁塗装で使う微弾性フィラーとは??

豆知識スタッフブログ 2021.05.28 (Fri) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

外壁塗装をお考えの方は、微弾性フィラーという名前を聞いた事ある方もいらっしゃると思いますが、

本日は、微弾性フィラーについてご紹介します(*^-^*)

 

 

微弾性フィラーとは、外壁塗装の下塗り材の一種です。

弾力性を持った水性系の塗料です。

ひび割れしやすいモルタルなどの外壁材に使われることが多いです。

微弾性フィラーは俗名なので、各メーカーによって名前が違います。(ややこしいですね)

 

 

微弾性フィラーのメリット

・ひび割れに強い

弾力性があるので、外壁がある程度動いても追従することができるため、ひび割れが起きにくくなります。

旧塗膜の微細なひび割れや巣穴などをカバー出来ます。

 

・防水性に優れている

弾性塗料は防水性が比較的高いです。

外壁との密着力が良く塗膜も厚くなるためカバー力も上がるからです。

 

微弾性フィラーのデメリット

・耐用年数が長くない

耐久年数が5年程とアクリル系塗料と同じくらいしかありません。

厚く塗ったりと、工法により耐久年数を上げることは可能です。

 

モルタル外壁でひび割れ補修をしたい方にはオススメの下塗り材です(*^-^*)

建物にとって一番最適な塗料を選んでもらってくださいね!

 

 

 

 

★清須市の施工事例はこちら★

★外壁塗装の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック