塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁の劣化を放置したら危険?どうなるの?

外壁の劣化を放置したら危険?どうなるの?

豆知識スタッフブログ 2021.05.05 (Wed) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

本日は、外壁の劣化を放置しているとどうなるのか?についてお話したいと思います。

外壁の劣化には気づいているけど、費用もかかるし、なかなか修理できずに放置している

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

外壁の劣化は見つけたら早めに修理してくださいね(^^)

今日、明日ですぐに危険な状態になる事はないと思いますが、劣化を発見したら早めに対処する事が大切です。

放置しておくと、こんな事に繋がる可能性があります。

 

・建物の寿命が短くなる

外壁から雨水が浸入し、建物内部まで浸食していまいます。

腐食の進行が原因で、しまいには構造材まで傷めてしまう事もあります。

 

・美観が悪くなる

外壁が劣化してくると、カビや苔、錆等が発生し、見た目も悪くなります。

 

・カビ臭くなる

雨水が建物内部に侵入するとカビが発生し、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

 

・修繕費が高額になる

劣化が初期の状態だと修繕費も安くすみますが、放置して劣化がひどくなってからだと

修繕費も2倍、3倍になってしまいます。

 

 

大切なお住まいを建物の寿命を高めながら暮らしていくには、定期的なメンテナンスが大切です(^^)/

大和創建では、しっかりと外壁診断をしてからご提案させて頂いています。

お気軽にお問い合わせください(^^)/

 

 

★★★ゴールデンウィークの休業日のお知らせです。★★★

誠に勝手ながら、大和創建では5/2(日)~5/5(水)まで休業とさせて頂きます。

なお、お電話メールWEBでのお問合せは、受け付けております。

お急ぎの場合は、お電話にてお問合せくださいませ。

ご不便とご迷惑をお掛けしますが、何卒、ご理解の程宜しくお願い致します。

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック