塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > お洒落で人気な片流れ屋根とは?

お洒落で人気な片流れ屋根とは?

豆知識スタッフブログ 2021.04.29 (Thu) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

本日は屋根の形状についてご紹介いたします♪

屋根には色々な形が存在します。

本日ご紹介するのは、近年人気上昇中お洒落な片流れ屋根です。

 

 

片流れ屋根とは?

片流れ屋根とは、一方向にのみ傾斜がつけられているシンプルな形状の屋根です。

敷地の狭いお家でも、片流れ屋根なら居住空間を確保しやすくなります。

一般的な三角屋根に比べ、デッドスペースを有効活用できます。

 

片流れ屋根のメリット

・建築コストが安価

シンプルな形状からコストを抑えることができます。

接合部もなく、雨樋も一箇所のみです。

リフォームにかかるコストも低く経済的な屋根です。

 

・太陽光発電を載せやすい

屋根全面が一方向に向くため、ソーラーパネルを最大限搭載することができます。

特に南向きだと効率よく太陽光で運用できます。

太陽光発電には最も適した屋根です。

 

・モダンでお洒落な建物になる

見た目のお洒落さが人気の秘訣です。最近では特に若い世代に人気があります。

モダンな建物本体にもマッチし、すっきりとした印象になります。

緩い勾配の片流れ屋根がトレンドです。

 

・屋根裏を有効活用できる

屋根裏のデッドスペースが比較的少なく、空間を確保できます。

片流れ屋根は天井を広めに確保できるので、解放感が生まれ、

屋根裏は収納スペースとして活用できます。

 

 

片流れ屋根のデメリット

・外壁が劣化しやすい

屋根が降りていない側の3つの外壁面は、非常に小さな軒しか付いていません。

軒がないと、雨風紫外線の影響を外壁が直接受けます。

その分劣化も早く進行してしまいます。

 

・雨樋の負担が大きい

片流れ屋根は雨樋が一箇所にしか取り付けれません。

一箇所で屋根に降りそそぐ雨の排水処理が求められるので、雨樋の劣化も早くなります。

雨樋の不具合は、屋根や建物本体へのダメージにつながる恐れもあります。

 

・台風や強風の影響を受けやすい

傾斜のある面数が増えるほど風による影響は受けにくくなる言われています。

片流れ屋根は1面しかありませんので、強風には弱いとされています。

一方、傾斜のある面が4面ある寄棟屋根は強風に強いです。

 

 

またほかの形状の屋根もご紹介しますね~(^^♪

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック