塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中ブログ > 大治町でウレタン通気緩衝工法で屋上防水工事を行いました。

大治町でウレタン通気緩衝工法で屋上防水工事を行いました。

施工中ブログスタッフブログ 2020.10.29 (Thu) 更新

こんにちは!

大治町で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

大治町のS様の防水工事が完工しました(^^)/

 

★防水工事の施工事例はこちら★

 

 

こちらが施工前です。

黒ずみや汚れが目立っています。

 

                           

既存のシートを撤去します。

 

                               

次にケレンと掃除をします。

 

    

次にノロ打ちです。ノロ引きとも言います。

古くなったコンクリートは表面にひび割れがあったり、でこぼこしたりするためキレイにします。

下地が荒れている場合などに下地調整をします。

また、密着性を高め、水の溜まりを防いだりします。

 

 

    

プライマーを塗布します。

塗料との密着を高めます。

 

自着シートを隙間ができないように貼っていきます。

シートとシートのつなぎ目にはジョイントテープを使い貼り合わせます。

 

クラック補修です。

コーキングで補修しました。

 

改修用ドレンを設置しました。

ドレンとは排水溝のことです。

雨水を集水し、樋に流す役割があります。

 

次に脱気筒を設置します。

脱気筒とは、防水層と下地の間に発生した水蒸気を排出させるための筒です。

 

    

防水塗装1回目です。

今回は、㈱ダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用しました。

 

    

防水塗装2回目です。

 

               

 

トップコートを塗ります。

ウレタン塗膜防水材は紫外線に弱い為、上からトップコートを塗布します。

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック