塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁劣化症状!クラックの種類と原因について

外壁劣化症状!クラックの種類と原因について

豆知識スタッフブログ 2020.05.18 (Mon) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

 

今日は外壁の劣化症状であるクラックの種類についてご紹介します(^O^)/

 

まず、クラックとは外壁に現れたひび割れです。

クラックは大きく分けて二つに分かれます。

1つは塗膜に発生するクラック、そしてもう1つは外壁材自体がひび割れてしまうクラックです。

外壁自体に発生したひび割れは表面を覆う塗膜を破り、クラックとして表面に現れます。

 

ヘアクラック

髪の毛ほどの細いクラックで、クラック幅0.3mm以下、深さ4mm以下の微細なひび割れを指します。

建物の構造に今すぐは影響しないため慌てる必要はありません。

主に外壁材ではなく塗膜に出来るクラックです。

経年による塗膜の劣化が原因で、日光や紫外線の影響を受けて劣化した塗膜が、素地の膨張収縮に

耐えられなくなることで塗膜に亀裂が発生します。

塗装施工時の手抜きなどが原因で発生する場合もあります。

 

乾燥クラック

モルタルやコンクリートを使用した外壁材で乾燥していく過程で発生するクラックです。

モルタルやコンクリートの宿命ともいえる特性で、施工の乾燥過程で水分が蒸発することなどで収縮が生じ

ひび割れが起こります。

乾燥クラックも構造に今すぐ影響するひび割れではありません。

 

 

構造クラック(貫通クラック)

構造に影響を及ぼす可能性の高い深刻なひび割れでで補修が必要となるクラックです。

幅0.3mm以上大きさのクラックは構造クラックである可能性が高く、ヘアクラックと比較すると緊急性が高いです。

構造クラックは外壁表面の塗膜のひび割れとは異なり、外壁内部から割れが起こってしまっています。

原因としては構造上の問題や地震や不同沈下といった外的要因などによるものです。

構造クラックを放って置けば雨漏りなどを引き起こし、建物内部の劣化促進させてしまいますので、早い段階で処置しましょう。

 

 

 

★施工事例はこちら★

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック