塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > ケレン作業とはなに?なぜ、作業が必要なの?

ケレン作業とはなに?なぜ、作業が必要なの?

豆知識 2019.09.08 (Sun) 更新

こんばんわ。清須市・稲沢市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

外壁塗装や屋根塗装などを行う場面、他の場所でも再塗装などを施す必要がある場面では、実際に塗料を用いて塗る前に、必ず下地調整を行うことが必要です。

外壁などの広い面積の場合では、高圧洗浄などを行った後に外壁をチェックして、問題が生じていない場合では塗装作業に入ることが一般的ですが、場所や状態、下地の素材によってはケレンを行うことが必要です。

ケレンとは何かといえば、一般的には研磨作業を意味していることになり、塗装作業を行う上では重要な作業として用いられています。

特に軒下などの木材の部分に対しては、手作業や電動工具などを使ってケレン作業を進めることもあり、基本は古くなってしまった塗料を剥がすことと肌のガサツキの調整を目的にしているものですが、そもそもが木部で作られているタイプの場合では、その全面をケレン作業を行う必要が出てくる場合も見られます。

トタン屋根の場合でも多く利用されていることになり、新しい塗料が上手に定着することを助ける作業として行われています。

この作業によって再塗装を行った場合、直ぐに剥離などを起こさずに長期的に塗膜を守ることができます。

なので、ケレン作業が必要となってきます。

また、アップしていきたいと思います。

外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!

詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^