塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 外壁塗装の中で下塗りって重要なの??

外壁塗装の中で下塗りって重要なの??

豆知識 2019.08.30 (Fri) 更新

こんばんわ。清須市・稲沢市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

雨続きで、施工が長引いてて、お客様にご迷惑お掛けしてて、本当に申し訳ないです。

さて、今日は、下塗りの大事さを説明していきたいと思います。以前も説明したと思いますが、とても大事なのことなので、また説明していきたいと思います。

外壁塗装は外壁に塗料を塗りなおす前に、下地処理を行い汚れた部分を洗い流し、ひび割れた部分を補修してから塗装作業に入ります。

塗装は下塗りと中塗り、上塗りの重ね塗りが一般的になりますが、その中でも下塗り塗装は外壁では一番重要な作業です。

 下塗りによって塗装の仕上がりが変化するといっても過言ではないほどで、下塗りをすることで下地を強化することになります。

下地に湿気などが染み込むのを防ぐ目的や、塗料を塗ったときに外壁と塗料の密着性を高めるため、そして色むらを防止する目的があります。

下塗り塗料には無色のものと白色のものがあり、種類もプライマーやシーラーフィラーなど様々なものがあります。

外壁の性質によって使い分けることでより下地強化になります。

また下塗り塗料は下塗りの手順によってもちも変化しますし、外壁の劣化具合によっても下地の種類や塗る回数を増やしたり減らしたりすることで調節することが必要です。

下塗りが綺麗に塗装されていれば、中塗りと上塗りを塗って塗装作業が完了したら、色むらのない美しい外壁に仕上げることができます。

また、アップしていきたいと思います。

外壁塗装・屋根塗装なら弊社にお任せください!!

詳しい詳細は、清須市の外壁塗装に関するお問合せはこちらよりどうぞ(^^