塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中(防水)ブログ > 名古屋市北区でウレタン通気緩衝工法で屋上の防水工事を行いま…

名古屋市北区でウレタン通気緩衝工法で屋上の防水工事を行いました!

こんにちは!

名古屋市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

前回ご紹介した名古屋市北区のU様邸の防水工事が完工しました(^^)/

★U様邸のシーリング工事はこちら★

 

U様邸の屋上防水工事はウレタン通気緩衝工法で施工させて頂きました!

まず既存の防水シート撤去します。

 

   

次にケレン作業をします。

新しい防水層を築くためには劣化した古い防水層を除去してからでないと、古い部分から剥がれが入り込んだりする可能性があります。

そのためしっかりとケレンをして、劣化した古い塗膜を取り除いていきます。

そのあと掃き掃除を行います。

 

次にカチオン補修をします。

カチオン補修を行うことで下地表面を強化し、防水性がアップします。

 

次にプライマーを塗ります。

プライマーを塗布することにより防水塗膜との密着が高まります。

 

    

ひび割れ(クラック)をシーリングで補修します。

 

次に自着シートを貼ります。

隙間や空気が入らないように丁寧に貼っていきます。

 

脱気筒を設置します。

脱気筒とは水、蒸気を逃すための排気口の事です。

2箇所に設置しました。

 

改修用ドレンを設置します。

雨水を集水し雨樋に流す役割があります。

 

防水塗装1回目です。

 

防水塗装2回目です。

2回塗りで防水塗膜を形成します。

 

           

防水トップコートを塗ったら完成です(^O^)

 

 

★名古屋市の施工事例はこちら★

★防水工事の施工事例はこちら★

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック