塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!スタッフブログ blog

HOME > スタッフブログ > 施工中ブログ > 清須市で劣化していたシーリングをオートンイクシードで打ち替…

清須市で劣化していたシーリングをオートンイクシードで打ち替えしました。

施工中ブログスタッフブログ 2020.10.08 (Thu) 更新

こんにちは!

清須市で外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店の株式会社大和創建です。

 

先日、ブログでご紹介しました清須市Y様邸シーリング工事が完了しました~(*´▽`*)

シーリングとは、サイディングボードとサイディングボードとのつなぎ目の目地に入っています。

コーキングとも呼ばれています。

サイディングボードの目地にシーリング材が入っていないと、隙間から雨水が入って外壁の内部を傷め、

雨漏りに繋がってしまいます(>_<)

ゴムのような弾力を持つシーリング材はクッションの役割も果たしてくれるので、地震などの

自然現象に伴う建物の揺れ緩和する役割を担っています。

 

施工前の様子です。

ひび割れが見られ劣化しています。

築10年程経過するとシーリングが劣化してきますので、打ち替えが必要です。

 

 

耐久性の高いオートンイクシードを使用しました!

★オートンイクシードについて詳しくはこちら★

大和創建はオートンイクシード認定施工店です(^^)/

 

 

既存のシーリングを撤去してから打ち替えします。

 

 

プライマーを塗布し、密着を良くします。

 

 

シーリングを打設します。

 

 

ヘラで押さえ、均一にします。

 

 

シーリング完成です(^^)/

 

次は塗装に入っていきますので、また紹介させて頂きますね(*´▽`*)

 

 

 

★清須市の施工事例はこちら★

 

 

 

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳しい詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック