塗装の豆知識やイベント等最新情報をお届けします塗装・塗り替えブログ blog

HOME > 塗装・塗り替えブログ > 豆知識 > 【外壁塗装工事】地震対策の備えにも!?

【外壁塗装工事】地震対策の備えにも!?

豆知識スタッフブログ 2022.10.31 (Mon) 更新

こんにちは!

清須市外壁塗装工事・屋根塗装工事専門店株式会社大和創建です!!

いつもブログ豆知識をご覧頂きありがとうございます💚

今回は、外壁塗装工事が地震対策の備えの1つになる!!というお話をご紹介しますね😊

♢地震対策で外壁塗装♢

地震大国の日本では、世界で発生しているマグニチュード6以上の地震の約2割が

日本周辺で起きています。

そして、近い将来には南海トラフ巨大地震が発生するとも言われています。

地震が多く発生する土地では、地震対策は必須です🆘

地震に備えて防災グッズを準備している方は多いと思いますが、

我が家の建物の方の備えは大丈夫でしょうか?

地盤の強度を高めたり、家の構造を耐震構造にしたりと、さまざまな方法がありますが、

屋根塗装外壁塗装地震対策に繋がるんですよ👍

 

外壁塗装・屋根塗装が地震対策になる理由

我が家の建物に対する地震対策となれば、大がかりな工事になる事が多く、

コストも時間もかかります。

大がかりな工事が出来ないという方や、耐震構造の建物でもまだ不安に思われている方に

外壁塗装屋根塗装をオススメします💡

 

建物の基礎のチェックをしてもらえる

外壁塗装業者に依頼すると、だいたい現場の建物の調査をします。

外壁や屋根の劣化具合を確認するためです。

その際、劣化が進行して建物の基礎の部分まで弱っていないかチェックができます。

基礎や建材が腐ったり、脆くなっていると地震の際の崩壊のリスクも高まりますし、

何より、基礎が弱っている建物に外壁塗装をしても無意味になります😨

 

建物の基礎の劣化を防ぐ

建物の基礎や建材の劣化の原因として多くみられのが雨漏りです。

外壁や屋根にヒビ割れなどが起きていると、そこから雨水や湿気が侵入して雨漏りに繋がり、

基礎や建材を劣化させます😱

外壁塗装や屋根塗装をする際、ヒビ割れなどの症状が起きている場合は

ヒビ割れが大きくならないように補修します👍

 

外壁塗装の耐久性を維持する

外壁塗装は経年により塗膜が劣化します。

劣化すると一年中雨風にさらされている外壁の防水機能は失われていきます☔

そんな外壁にヒビ割れが生じ、雨水や湿気が侵入して建物の耐久性が弱くなります。

耐久性が弱くなった建物では地震の揺れにも耐えられなくなってしまいます😰

耐久性を保つためにも劣化する前に、外壁塗装をすることが大切です💡

 

まとめ

外壁塗装や屋根塗装が直接的に耐震補強が出来て、完全な地震対策になるという訳では

ありませんが、建物本来の耐久性を維持させて、間接的な地震対策になるという事は

理解していただけたでしょうか?☺️

地震対策になる外壁塗装は、建物のひずみにも対応できる塗料🎖️

その土地の気候や環境によって建材は膨張したり縮んだりするので、その変化に対応できる塗料🎖️

建物が地震の揺れや振動で動くため、硬い塗膜ではなく、柔らかくて伸びが良い塗料🎖️

など、塗料の種類を選ぶことも地震対策になります。

 

★お家の耐震に!地震に強い屋根材とは?★

 

地震は突然やってきます😖😖😖

近い将来に来るかもしれない巨大地震に備えて

事前に地震対策をご家族で考えてみてくださいね🤔

 

 

地震対策に繋がる塗料のご相談建物の劣化チェックなど

大和創建では、相談現地調査お見積り無料です

お気軽にお問合せくださいね🥰

★お問い合わせはこちらから★

 

★外壁塗装の施工事例はこちら★

★屋根塗装の施工事例はこちら★

外壁塗装・屋根塗装なら弊社

大和創建にお任せください!!

詳細は、外壁塗装・屋根塗装に関するお問合せはこちらをクリック